防弾少年団を“EXO”と紹介し炎上…「アメリカン・ミュージック・アワード」生中継でMCキム・グラがミス

写真=10asia DB

 

Mnetがアメリカ3大音楽授賞式の1つである「アメリカン・ミュージック・アワード」(2017 American Music Awards、以下「AMAs」)を独占生中継した。K-POPグループで初めて防弾少年団が出演し、関心が集中する中、生中継のMCに乗り出た音楽評論家イム・ジンモとタレントのキム・グラの態度が残念さを残した。

20日午前10時から(韓国時間)、Mnetではアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスで開かれた「2017 AMAs」の授賞式の現場をリアルタイムで中継した。Mnetは韓国の視聴者たちの理解を深めるためにキム・グラ、イム・ジンモ、放送記者出身のアン・ヒョンモをMCに立てた。当初Mnetは3人のMCが授賞式に参加した人気スター達の経歴と業績はもちろん、現在の音楽界のトレンドを教えてくれることを期待したが、生中継が終わった後、視聴者たちの反応は冷たいものだった。

キム・グラとイム・ジンモが出演者たちを紹介した一部のコメントが適切でなかったという反応だ。レディー・ガガがステージに上がると、キム・グラは「整形疑惑があった」と授賞式とは全く関係のない話をし、イム・ジンモは「“公演女”という修飾語をつけたい」話し、視聴者たちの眉をひそめさせた。

この日、Mnetが「2017 AMAs」を生中継した決定的な理由である防弾少年団については、事前知識が不足している姿が見えた。キム・グラは防弾少年団を紹介する際に“EXO”と呼び間違える失態を見せた。すぐに「混同して失言をしてしまった」と謝罪した。イム・ジンモは「EXOファンが喜ぶだろう」と話した。これにネットユーザーからは「防弾少年団とEXOのファンどちらにもに失礼だ」と批判の声が上がった。

(2ページに続く)

 

【公式】「防弾少年団」、最多ツイートされた音楽グループとしてギネス登録

米ビルボード、“防弾少年団「DNA」、「2017 AMAs」最高の瞬間”と評価

防弾少年団、独自の音楽とパフォーマンスでアメリカを魅了

防弾少年団、「DNA」が米iTunesで逆走行…「AMA」の威力

2017.11.21

blank