“俳優チョ・ドクジェによる性的暴行”告訴の女優A、会見場で「つらかったし、いまもとてもつらい」

続けて女優A側は特定媒体を通して報道されたメイキングフィルムが編集・歪曲されたとして、メイキングフィルムに関する詳細や現場鳥瞰図などの資料を添付した。

イ・ハクジュ弁護士は「特定媒体は編集して公開したメイキングフィルムと違い、撮影映像(事件が撮影された映像、特定媒体報道資料のうちタイムコードが挿入された映像)を保有しているにも関わらず公開せず、代わりに撮影映像約5760フレームのうち加害者に有利に見える一部分の16フレームだけを選択して公開した」と述べた。

女優Aは2015年、映画撮影中に性的暴行を受けたとしてチョ・ドクジェを強制わいせつ致傷容疑で告訴した。その後、原審で裁判部はチョ・ドクジェに無罪を言い渡したが、先月13日に開かれた控訴審で原審が破棄された。裁判部は被告人が被害者に民事訴訟で精神的苦痛を加重させた点、誤りを反省しない点を上げ、懲役1年に執行猶予2年を宣告した。そして、双方共に上告状を提出し、事件の判断は大法院(最高裁判所)に移された。

WOW!korea提供

 

強制わいせつ致傷容疑の俳優チョ・ドクジェ、会見で無実訴え 「正確な調査で真実が明かされることを望む」

強制わいせつ致傷容疑の俳優チョ・ドクジェ、明日(7日)記者会見へ

俳優チョ・ドクジェより強制わいせつ被害の女優が会見 「俳優側の行為は明白な性暴力」

強制わいせつ致傷容疑の俳優チョ・ドクジェ、tvN「ブッとび! ヨンエさんシーズ16」には出演せず

2017.11.21

blank