「BTOB」からキム・ナヨンまで、秋のバラードがチャートを席巻

「BTOB」からキム・ナヨンまで、秋のバラードがチャートを席巻

秋の音源チャートにバラードの風が吹いている。

「BTOB」から「MeloMance」、キム・ナヨンまで、バラード音楽が勢いを増している。「BTOB」の「恋しがる」は今月16日にリリースしてから、22日午前7時現在、韓国最大の音源サイトMelOnで1位を記録中。7日間、1位を継続しながら底力を証明している。

キム・ナヨンの新曲「But I Must」も新たな強者として浮上。この曲は20日にリリースされた後、genieとollehミュージックで1位を記録している。

同曲は、別れの痛みをキム・ナヨン特有の感情表現で歌い上げた曲で、最初のピアノの旋律と悲しみが感じられる編曲が際立つナンバー。秋にぴったりな感性で、チャートを攻略している。


「MeloMance」も「Gift」がBugsとソリバダで1位を獲得している。MelOnではリアルタイムチャート2位となり、着実に人気を博しているため、彼らが打ち立てる記録にも関心が寄せられている。

そんな中、午前の音源チャートで、「NU'EST W」が力を発揮。新曲「WHERE YOU AT」で、デビュー6年目にして初めて音楽番組1位のトロフィーを手にした彼らは、MnetとNAVERミュージックでその人気を見せている。

WOW!korea提供

2017.10.22

blank