防弾少年団ジョングク&ジン、「一食ください」に出演…ジョングクがジンにするイタズラとは?

人気アイドルグループ防弾少年団のジョングクとジンが、「一食ください」に出演し、仲の良さをアピールした。

今月27日に放送されたJTBC「一食ください」には、ゲストとして防弾少年団陣ジョングクとジンが出演した。

この日、MCのイ・ギョンギュとカン・ホドンと共にジンとジョングクはソウル三成洞(サムソンドン)で一食に挑戦した。住宅街を探索していたイ・ギョンギュは「じゃあ後はインターフォンを押せばいいだけだ」と説明した。この時、イ・ギョンギュの言葉を誤解したジンは、ある家のインターフォンをすぐに押してしまった。

慌てたMCは「まだだ」と言い、ジンはインターホンで「すみません」と謝った。幸いなことにインターホンからは何の反応もなく出演者たちは安心した。

これを見守っていたジョングクは、「僕より5歳も年上なんだからちゃんと理解して」と忠告し、笑いを誘い出した。

イ・ギョンギュは、ジョングクに「ジンをお兄さんと呼ぶのか」と尋ねた。ジンは「敬語は使うが、叩くときもある」と話し笑いを誘った。加えて「ダンスの練習をしようとすると、ジョングクが首筋を叩く」と暴露した。ジョングクは「叩きたくなるようなやわらそうな首だから」と話した。ジンは「防弾少年団の中で首を叩くことが流行っている」と付け加えた。
10asia+Star JAPAN
http://10asiajapan.com/ 

2017.09.28

blank