「取材レポ」ZE:A のバックでロボットが踊った!

9W2A0946

2011年5月にはアルバム「Here I am」をひっさげてのアジアツアーライブ公演(横浜、大阪)で8000名を動員、映画「RONIN POP」に初主演するなど、日本でも活発な活動により知名度をぐんぐん伸ばしているZE:A。2014年初めてとなる日本ツアー「JAPAN TOUR 2014~NINE COLORs~」が、4月29日(火)に東京・中野サンプラザホールからスタートした。

 

会場に入ると、中央スクリーンには「セウォル号の事故で亡くなられた方々へのご冥福と未だ行方不明中の方々が無事戻られますことを心よりお祈りいたします」というメッセージとともに大きな黄色いリボンが映し出されており、ZE:Aメンバーの心遣いを感じながらファンも気持ちを一つにした。

 

ZE:Aの9人は登場すると「Mazeltov」、「イビョルトリップ(Level Up)」、「ハルジョンイル(All Day Long)」とノリノリな楽曲を続けて披露し、会場は一気にヒートアップ。「お久しぶりです」と9人の元気なあいさつに、ファンは大きな拍手で応えた。

 

今回のツアータイトルは「NINE COLORs」。ヒョンシクが「僕たち9人の9つの魅力を見せるという意味」と自信たっぷり紹介したかと思うと、やや不安げな表情でメンバーに「ですよね?」と確認するいつもの愛嬌たっぷりの様子にメンバーもファンもニッコリ。“お笑い担当”グァンヒが「次の曲は僕もセンターです」と愉快に曲紹介し、「Here I am (日本語ver.)」、「後遺症フユチュン」を披露した。

9W2A0823

「2曲を披露しました」というメンバーのMCにテホンが「ました」の部分だけ繰り返し強調しながらさりげなく「ました~ マッシタ(韓国語で「おいしい」)」という日韓ダジャレを披露。無邪気にダジャレを続けるテホンとあきれかえるメンバーの様子にファンも大笑い。

 

ガラリと雰囲気を変えてしっとりとした歌声で「Daily Daily (日本語ver.)」と「U're my sweety (日本語ver.)」を熱唱し、会場を甘く酔わせた。続く「Special Day」ではヒョンシク、ドンジュン、ケビン、シワンが客席へと飛び込み、ジュンヨン、テホン、ヒチョル、ミンウ、グァンヒはステージで盛り上げ、大興奮のステージとなった。

 

ここからはソロ・ユニットコーナー。トップを飾るテホンは4人のダンサーを引き連れ、氷川きよしの「きよしのズンドコ節」を日本語で披露した。途中ステージを下りて、歌いながらファンと握手を交わしたり、合間には「テ・ホ・ン」とファンからのそろった掛け声が入ったりするなど、会場が一体となった「テホンリサイタル」となった。

 

ケビン、ドンジュン、ミンウはChris Brownの「Yeah 3×」で大人の魅力をたっぷり見せ、グァンヒ、テホン、ジュンヨン、ヒチョルからなるユニット「ZE:A4U」は元気いっぱいの「Oops!!~アプサ!!~」を披露して会場のボルテージはさらに上昇。もう1つのユニット「ZE:A FIVE」メンバーのシワン、ミンウ、ドンジュン、ヒョンシク、ケビンは、「She's Gone」を甘く切なく歌い上げた。

 

5月10日~24日に赤坂ACTシアターで上演される韓国ミュージカル「宮」に出演するドンジュンは、劇中歌の「Wake up」を歌い、見事な歌唱力で「宮」の世界へと誘った。ソロ・ユニットコーナーのラストはヒョンシク。大先輩の歌手パク・ヒョシンの「チョウンサラム」を熱唱し、会場をヒョンシク色に染め上げた。

9W2A0227

シワンが「僕は特にヒョンシクくんのステージが本当にカッコよかったです」とヒョンシクのステージを振り返り、「ヒョンシクくんの声が昔は男でしたが、今は男の中の男です」と大絶賛。ミンウはテホンが初めて歌を披露したことについて語ると、テホンは「日本の演歌も、日本語の勉強も本当に楽しかったです。僕は本当にたくさん勉強をしました」と力強くアピールすると、メンバーからもファンからも大きな拍手と歓声が送られた。「ズンドコ節」の振り付けが気に入ったメンバーは必死にテホンから習い、そろって踊りながら楽しんだ。

 

「スペシャルゲストが登場します」という紹介で始まった「Heart for 2」では、ステージ後方の高くなった所にロボットが登場。4人の“人間”バックダンサーと同じ振り付けを“ロボット”ダンサーも見事にこなし、会場は歓声に沸いた。

 

「Phoenix (日本語ver.)」、「パラメユリョン(THE GHOST OF WIND)」と続けて熱唱した後は、「お気に入りの曲」というタイトルでメンバーそれぞれが語ったVTRを上映。グァンヒは「Here I am」、シワンは「後遺症フユチュン」、ジュンヨン「Only One 4U」、ドンジュン「Beautiful Ma Girl」、テホン「Body to Body」、ヒチョル「Never End」、ヒョンシク「STEP BY STEP」、ケビン「Heart for 2」、ミンウ「星になって…(Someday)」とそれぞれお気に入り曲を挙げた。

 

かわいらしいダンスが魅力の「Watch Out (日本語ver.)」、爽やかなメロディーの「今でしょ!」、そしてアクロバティックな「Body to Body」と三曲三様の魅力を見せ、会場をさらに熱くした。

 

MCの途中で日本語の単語が出ず一部を韓国語で話すと、すぐに女性通訳の声が聞こえてくることを楽しみ始めたメンバー。わざと韓国語で話して通訳を聞き、マネをして楽しんだ。シワンが「サランヘヨ」と言うと、「愛してるよ」と気持ちの入った声で通訳されてメンバー全員が驚いた。シワンは何度も続け、より一層気持ちのこもった声で「愛してるよ」と返ってくるので大喜びしていると、ドンジュンが「シワンさん、僕ですよ」と暴露。通訳者の声とそっくりの声だったため、メンバーも会場もすっかりだまされていたことを知り、大爆笑となった。

9W2A1911

「最後の曲では僕たちから愛をたくさん送ります」という紹介で始まった「LOVE COACH (日本語ver.)」では、メンバーそれぞれが客席に愛のつまったボールを投げて送った。曲の間に全てを投げきれず、歌い終わってからもしばらく続けるが、時間の都合などを考えたリーダーのジュンヨンから「もう終わりです」と一言。しかし1人でも多くの人に届けたいとステージに残って送り続けるグァンヒを、ヒョンシクがつまみ出すようにして、まるでコントの終わりのように大爆笑の中ステージを後にした。

 

「ZE:A」コールが響く中、再び登場し、この時期にピッタリのナンバー「STEP BY STEP (日本語ver.)」を披露。メンバーと会場が一体となって盛り上がり、ボルテージはMAXとなって公演が終了した。9人は手をつなぎながら丁寧に頭を下げてあいさつをし、幕を下ろした。

 

歌をじっくり聞かせたり、ファンと一緒に踊って楽しませたり、そして大笑いさせたりと、最初に紹介があったように「9人の9つの魅力」をたっぷりと見せてZE:Aカラーに染め上げた9人。この日は第2部の公演終了後に握手会も行われ、ファンとの絆をさらに深めたZE:Aは、今後も色あせることなく鮮やかに輝きを放ち続けるに違いない。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)
(C)JAKOL CORPORATION・STAR EMPIRE
Photo:ユ テヒョン

ZE:A JAPAN official Twitter https://twitter.com/zea_japan

2014.05.22

blank