「シンデレラのお姉さん」韓国で最高視聴率23.2%を記録、 その切なさに韓国が泣いた!

 

韓国の国民妹ムン・グニョン主演の韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」が10月5日(火)14時7分より、フジテレビ「韓流α」で放送開始した。

このドラマの繊細な心理描写と名セリフの数々には胸が締め付けられる!

切なさ極上の感動ファンタジーの登場だ!!

シンデレラのお姉さん

◆“国民の妹”ムン・グニョンが悲しき悪女に変貌! 愛らしいイメージを払拭し、“美しき涙”演技で泣かせる!

◆チョン・ジョンミョンが待望の除隊復帰! 成熟の演技で“大人の男”の魅力を発揮する

◆韓国のトップアイドル「2PM」のテギョン、ドラマ初出演作!

◆フジテレビ「韓流α」にて10/5(火)より放送スタート!

◆SuperJuniorのイェソンが歌う主題歌「君じゃなきゃダメなんだ」が大ヒット! 主題歌を含むOSTは、各種音楽サイト音楽チャートで上位を独占!

 

【ストーリー】(全20話)

男にすがって生きる母親ガンスクのせいで、人を信じることができず、擦れて育った少女ウンジョ。ある日、ウンジョは最低の生活に耐えかねて、酒乱の男と暮らすガンスクを連れて逃げ出す。家から持ち出した指輪が原因で、酒造所の一人娘ヒョソンと出会うガンスク。ヒョソンが金持ちのお嬢様であると知ると、彼女の父親デソンを誘惑し、まんまと妻の座に収まるのだった。
ガンスクから呼び寄せられたウンジョだが、新しい家での暮らしは別世界のようで居心地が悪い。特に、大人たちから可愛がられて育った義妹ヒョソンには嫌悪感さえ抱く。優しい義父デソンにも打ち解けぬウンジョだったが、1人の青年が解きほぐす。それは、住み込みで働いていたギフンだった。大企業の会長の隠し子として心に傷を持つギフンも、昔の自分に似たウンジョに惹かれるが、彼らの仲を妬くヒョソンのせいで、2人はすれ違ったまま別れてしまう。
そして、8年後。女性酒造師となりデソンの仕事を手伝うウンジョの前に、再びギフンが現れる…。

 

【主要キャスト】

■ムン・グニョン(ソン・ウンジョ役)

日本語吹替:生天目仁美
1987年5月6日生。00年の『秋の童話』でヒロインの子役を演じブレイク。代表作に映画「マイ・リトル・ブライド」(04年)、
ドラマ『風の絵師』(08年)。愛称は“国民の妹”。

■チョン・ジョンミョン(ホン・ギフン役)

日本語吹替:内田夕夜
1980年11月29日生。モデルとして活躍後、ドラマ『学校2』で俳優デビュー。代表作にドラマ『ファッション70's』(05年)、
『グッバイ・ソロ』『キツネちゃん、何しているの?』(共に06年)

■ソウ(ク・ヒョソン役) 

日本語吹替:伊藤静
1985年7月7日生。07年、映画『My Son~あふれる想い~』でデビュー。高い演技力で注目され、ドラマ『タムナ~Love the Island』で主演に抜擢。代表作に映画『下女』(10年)。

■テギョン〔2PM〕(ハン・ジョンウ役)

日本語吹替:小松史法
1988年12月27日生。身長:185cm、血液型:AB型。オーディションを経て、08年、男性アイドルグループ「2PM」のメンバーとして
デビュー。音楽番組『人気歌謡』のMCなどを経て、今作で演技に初挑戦。

 

【放送スケジュール】(韓国:2010年3月31日~6月3日)

日本初回放送: Mnet 6/21(月)スタート(毎週月・火 22:45~24:00)
フジテレビ「韓流α」(関東ローカル)にて10/5(火)より放送決定。

 

【DVD発売スケジュール】

<レンタルDVD> 11月2日 第1巻~第5巻 12月2日 第6巻~第10巻 〔各巻2話収録〕 <セルDVDBOX> 12月1日 DVDBOX 1 19,950(税込)

12月15日  DVDBOX 2 19,950(税込)

発売元:Cj Media Japan/フジテレビジョン/ポニーキャニオン

2010.10.05

blank