HIGHLIGHT、NU'EST W、BTOBら、10月総出撃!

2017.09.16

10月のK-POP界も9月に劣らない授賞式のようなラインナップだ。 いつになくボーイズグループのカムバックとデビューが続いて少女ファンの期待が高まっている。

10月のK-POP界は、再びケーブルチャネルMnetのサバイバル番組「プロデュース101」シーズン2一色になる見通しだ。 最高の受恵者と言われるグループ NU’EST Wが本格的な活動に乗り出し、ファンによって結成されたプロジェクトグループJBJとRAINZもデビューを控えている。 また、兄弟グループHIGHLIGHTとBTOBの同時カムバックも見逃せない。

#HIGHLIGHT、今年だけで3回目のハードワーク

HIGHLIGHTはデビュー8周年をむかえて来月16日、カムバックを確定した。 BEASTとして2009年にデビューして8周年をむかえる記念すべき日だ。彼らはニューアルバム「CELEBRATE」をリリースした昨年7周年当時、ファンと共にすることが出来なかった残念さをリベンジする予定だ。 今年だけですでに3回目のアルバムであり、イ・ギグァンのソロなどを合わせれば独立以後、非常に活発に“ハードワーク”している。 HIGHLIGHTはヨン・ジュンヒョンを主軸に直接曲を書くチームなので、デビュー8周年アルバムにはどのような話が収められたのかにも期待がかかる。

#BTOB、もう一度バラードで勝負?

BEASTの弟グループとして先に名前を知らせたBTOBも、来月中旬カムバックを目標に準備中だ。 BTOBは最近メンバーのソロプロジェクトを進めてちょっと変わった魅力をアピールしたが、来る19日にウングァンのソロ曲発表を最後に、仕上げはBTOB完全体のカムバックになるだろう。 バラードからダンスまで多様なジャンルが可能なチームなので、BTOBの新しい物語も気がかりだ。
(2ページに続く)