BIGBANG SOL、"T.O.Pには、そばにいてあげるのが最大の慰め。歌手としてファンに会えるのが最高の喜び"

BIGBANG SOLがソロアルバムでカムバックした中、同僚T.O.Pが最近大麻疑惑で物議をかもし出したことについて、「そばにいてあげるのが最大の慰めになるようです」と淡々と語った。
SOLは16日午後2時、ソウル漢南洞(ハンナムドン)にあるD MUSEUMで3rdフルアルバム「WHITE NIGHT」の記者懇談会を行った。
SOLは、T.O.Pに対する質問に「メンバーとして親しい友人として、こんなときはそばにいてあげるのが最大の慰めです。もう本人が気づいてよくわかっているでしょう。あえてアドバイスするよりも時間があるたびに訪ねたり連絡しています」と述べた。

そして「辛い時期にできる限りそばにいてあげようと思いました。彼の思いを聞いてあげて話してあげました。深刻な話よりも何気ない話をたくさんしました。それが力になるし助けになるだろうと考えました」とつけ加えた。
SOLは、3年2か月ぶりのカムバックについて、「今回またアルバムを出すようになって嬉しいし、幸せです。何といっても、過去のアルバムの『EYES, NOSE, LIPS』がとても愛されて、今回のアルバムに多くの方々が期待されたようです。だからもっと熱心に作りました」と語った。(2ページに続く)

2017.08.16

blank