「速報」超新星ソンモ・ジヒョク登壇! 「僕のシーンは全て注目して!」映画「愛の言葉」舞台挨拶付き先行プレミア上映開催!

 

DSC_8660

韓国を代表する人気K-POPアーティストグループ超新星(ユナク、グァンス、ソンモ、ジヒョク)と俳優兼歌手の、ノ・ミヌ主演による初恋をキーワードに制作された物語<イノセントラブシリーズ>3作品が全国順次公開される。

超新星ソンモ、ジヒョク主演の「愛の言葉」、ノ・ミヌ主演の「二度目の初恋!?がやってきた」、超新星ユナク、グァンス主演の「この世の果て」。3作品それぞれに違ったテイストを持たせながら、どれも初恋をモチーフに、切ない愛の物語を繰り広げる。

 

 【動画】超新星ソンモ・ジヒョク登壇!映画「愛の言葉」舞台挨拶!

DSC_8342 DSC_8343

超新星ソンモとジヒョクが主演する「愛の言葉」が3作品の先頭を切って5月31日(土)より公開される。公開に先駆け、5月11日(日)東京・新宿シネマートにて「愛の言葉」舞台挨拶付き先行プレミア上映会が行われ主演のソンモ、ジヒョクが登壇した。

 

司会者からの紹介でソンモ、ジヒョク、監督のハン・サンヒの3名が劇場横扉から登場すると大歓声と拍手が沸き起こり、ソンモ、ジヒョクを呼ぶファンの声で溢れた。

 

DSC_8372 DSC_8376

初映画について、ソンモは「今本当にドキドキしています。みなさんの前でミュージカルやライブはやりましたが、映画は初めてで、本当に緊張しているし、みなさんに褒められたいんです」(笑)

ジヒョクは「僕も今からみなさんに初披露するところなんですが、みなさんの反応がすごく気になります。僕もすごく緊張しているんですがぜひ、みなさんに楽しんで頂きたいと思います」と二人とも初の映画主演に緊張している様子を見せた。

またソンモは映画撮影中も緊張で毎日眠れなかったと撮影での裏話を明かした。

DSC_8388 DSC_8393

お互いの演技については「ジヒョクの演技を見て上手いと思った」とソンモが話し、一方のジヒョクは「ソンモは心から感じて演技をしているなと思った」と語りお互い見つめあい笑顔を見せた。

DSC_8406 DSC_8408

見所について、ソンモは「雨にうたれるシーンと、ラストのシーンです」、ジヒョクは「僕のシーンは全て注目して下さい」と話しファンの笑いを誘った。

 

ソンモが演じるのは、手術の後遺症で言語障害を抱えたピアニスト調律師の青年テオ。病に侵され言葉を失った青年が、愛する人に出会い、生きる希望を見いだしてゆく姿を繊細な演技で見事に表現。

テオが恋するヒロインの元恋人で、デュエットパートナーであるロミーを演じるのは、ジヒョク。

固く閉ざされた彼女の心を取り戻そうと悩み奮闘しながらも彼女への変わらぬ愛を貫く。

 

DSC_8452 DSC_8527 DSC_8457

DSC_8651 DSC_8697

詳しいレポートは後日掲載いたします。

2014年5月11日 pm2: 20配信 (C)korepoニュース

 

<STORY>

春川<チュンチョン>の小さな村。テオ (ソンモ) は脳腫瘍手術の後遺症で言語障害を抱える身だが、生まれつきの才能を活かし、ピアノ調律師として働いている。そんな彼は、網膜色素変性症で視力を失い、人気歌手の座を捨て、村で療養中のインハに一目惚れしてしまう。 話せないテオは彼女に声をかけることも出来ないが、ある日偶然、インハの歌に合わせてピアノを演奏することになり、それをきっかけにインハは、少しずつテオに心を開くようになる。だが、元恋人でデュエットパートナーのロミー (ジヒョク) がインハを迎えに来て、インハはロミーと一緒にソウルに戻ることになり・・・。

「愛の言葉」

5月31日(土)シネマート六本木・シネマート心斎橋ほか全国順次公開

<出演>

ユン・ソンモ(超新星)  ソン・ジヒョク(超新星) チン・セヨン

2014年/韓国/92分/スコープサイズ/カラー/ステレオ

監督:ハン・サンヒ 製作:ヤン・グァンドク 制作:アポロンシネマ

配給:ハピネット  (C) Apollon cinema. 2014

イノセントラブ公式サイト

http://www.innocentlove-movie.com/

2014.05.11

blank