大ブームを巻き起こした官能の文芸絵巻『美人図』 全ページ袋とじ、官能シーン満載のパンフレット発売!

 

9月25日より公開の韓国映画界に一大ブームを巻き起こした官能の文芸絵巻『美人図』。

主演は「善徳女王」で日本でも人気急上昇中のキム・ナムギル。

「美人図」

先日開催された<韓流シネマ・フェスティバル2010>でのオープニング特別上映では、東京・大阪ともに満席完売の話題作だ。

『美人図』の日本公開にあわせて発売されるパンフレットは、官能シーンが満載の袋とじ形式が完成する。

ページを切り開くと、運命の恋人役のキム・ナムギルとキム・ミンソンの大胆な濡れ場が見開きで登場。

一糸まとわぬ姿で愛し、絡み合う二人の姿は、切ないまでに美しく官能的でそのシーンが入っているというから楽しみだ。

この袋とじは一部分だけでなく何とすべてのページに、切り開くと全48ページにもなる豪華なパンフレットとなって完成したという。

 

『美人図パンフレット中」

■ものがたり

 

朝鮮初のエロチシズムを描いた謎の絵師が残した名画 <美人図> 。静か に韓服の紐を解くその絵は、封印された激しい愛への思いが秘められ た“自画像”だった―。

第二十二代王・正祖の下で朝鮮ルネッサンスが花開いた時代、早世し た兄の身代わりに七歳で"男"となり、女人禁制の図画署に入ったシン・ ユンボク(キム・ミンソン)。

きらびやかな仮面の奥に色と欲の渦巻く 宮中で、天下の絵師キム・ホンド(キム・ヨンホ)の下みるみる頭角 を現すが、正体を知られることがあってはならない。

しかしある日、 ガンム(キム・ナムギル)という鏡職人と出会ってしまう。はじめて知る 女の悦び・・・狂おしい思いは絵筆から溢れ、それを見た師ホンドは 愛弟子の秘密に気付いてしまう。

ユンボクをめぐって吹き荒れる愛と 嫉妬の嵐は、やがて予期せぬ結末へと三人を導いていく――。

 

監督:チョン・ユンス(『僕の、世界の中心は、君だ』)  出演:キム・ミンソン(『下流人生』「ガラスの靴」)、キム・ナムギル(「善徳女王」『後悔なんてしない』) 2008年 韓国

映画/韓国語/109分/1×1.85/ドルビーデジタル/配給:ツイン 宣伝:ブレイントラスト www.bijinzu.com

 

COPYRIGHT©2008YEDANG ENTERTAINMENT COMPANY. ALL RIGHTS RESERVED.

9/25(土)よりシネマート新宿+シネマート六本木にて公開! 10/2(土)よりシネマート心斎橋、ほか全国順次公開!!

2010.09.16

blank