チャン・ドンゴン 「泣く男」で2年ぶり映画主演

チャン・ドンゴン 「泣く男」で2年ぶり映画主演

韓流スターのチャン・ドンゴンが「泣く男」(原題)でスクリーンに帰ってきた。ホ・ジノ監督の作品「危険な関係」(2012)以来、2年ぶりとなる。

トップスターでありながら、ここ数年間の興行成績は良くなかった。300億ウォン(約30億円)を費やした大作「マイウェイ12、000キロの真実」は韓国での観客動員数が214万人で終わり、チャン・ツィイーやセシリア・チャンらと共演した「危険な関係」は30万人にも満たなかった。

変化が必要な時期、チャン・ドンゴンは初めてアクション映画を選択した。2010年に628万人の観客を動員し、その年の韓国映画の中で最高のヒット作になったウォンビン主演の「アジョシ」を手がけたイ・ジョンボム監督をパートナーに選んだ。

ソウル市内で8日に開かれた「泣く男」の製作報告会でチャン・ドンゴンは、「興行がうまくいってほしいです。この頃、自分が出演していない映画を見て、ヒットするかしないか予想しますが、予想がいつもはずれます。とにかく恥ずかしくない映画を作ろうと努力しました。興行成績よりも多くの観客の脳裏に残るアクション映画になってほしいです」と心境を語った。

チャン・ドンゴンはベテランの暗殺者「ゴン」を演じる。組織の命令でターゲットを始末しようとしていたところ、予想外の事態により失敗を犯し、その失敗を挽回するために子供を失った女性モギョン(キム・ミニ)を暗殺することになった人物だ。ベテラン暗殺者であるため、アクション演技は基本となる。

チャン・ドンゴンは「4〜5か月間訓練しました。1週間に4回、1回当たり4〜5時間運動と訓練をしました」とした上で、「アクション映画だから体を一度見せたほうがいいかなと思いましたが、この映画では体を見せる場面がありませんでした」と語った。

また、体を鍛える必要のある役を演じたことがなかったため、体をつくり上げるノウハウも不足していて、撮影が終わりに近づいてやっと体が完成したと説明した。

イ・ジョンボム監督の前作「アジョシ」で主演のウォンビンは、抑えたアクションで注目された。チャン・ドンゴンがウォンビンと比較されるのは避けられない状況だ。

チャン・ドンゴンはウォンビンとの比較については直接答えず、「個人的に『アジョシ』が好きです。『泣く男』は『アジョシ』ととても違いながらも似た映画です。ストーリーや主人公の人生とキャラクターが明確に異なり、アクションのコンセプトが違います。ですが映画に流れる情緒は似ています。同じ監督が作ったという共通点もあります。監督に『アジョシ』と『泣く男』を作ったから、次は『泣くアジョシ(おじさん)』を作ればいいと提案したこともあります」と語った。

共演した女優キム・ミニについては、「20年以上、女優と仕事をしていると、ある一瞬、卵からかえり、目覚める女優に出くわします。最近のキム・ミニもそうです。今回の映画でも期待していた以上に深みのある感情をうまく表現しました」と評価した。

キム・ミニはチャン・ドンゴンに対し、「根を深くおろした木のようで、私は木の下に作られた陰で休むことができました。常に平穏なイメージを持っています」と答えた。

イ・ジョンボム監督は「アジョシ」と比較されることについて、当然プレッシャーを感じるが、「泣く男」と「アジョシ」はアクションも内容も違うと強調した。

「泣く男」は来月公開予定。

2014.05.10

blank