スーパールーキーグループ “LUNAFLY” 1stファンミーティングと2nd LIVE 「FLY TO LOVE」を開催!

LUNAFLY は、昨年9月27日にメンバーたちが自ら作曲した曲「どんなにいいか」で韓国デビュー。

 

特に、デビューアルバムにもメンバーたちが作った曲を収録するほどの高い音楽性と優れたビジュアルを兼ね備えたスーパールーキーグループ。

初コンサートを12月1日に日本で開催した後、今年3月にはインドネシアとマレーシアで単独ショーケースとファンミーティングを行い、大旋風を巻き起こした。
そして7月6日には、トークやゲームなど盛りだくさんの初ファンミーティングと2度目のLIVEを恵比寿ガーデンプレイス The Garden Roomにて開催した。

 

完成度の高さを誇るハーモニーで「マルグンナル フリンナル(Clear day Cloudy day)」からスタート。

続く2曲目の「Baby(Justin Bieberのカバー)」ではファンも一緒に口ずさみ、一気にLUNAFLYの世界へと引き込まれた。

歌い終えた全員が韓国語で短く挨拶した後、Teo が「みなさん、こんにちは!」と日本語で挨拶し、「今日は来てくれて、本当にありがとうございます」と続けた。

 

韓国からではなく、先ず日本から開かれたという点で、彼らにとっても意味深い昨年のファースト単独ライブに話題が移ると、メンバーたちは“うれしい~”“スゴイ!”“カッコイイ!”“すばらしい~”と、習った日本語の形容詞オンパレード(!?)で振り返り、会場に笑いの渦が広がった。

 

Yunは「僕たちにとっての初めてのコンサートを日本でできたということは本当に意義深いものだと思っています。今もそうなんですが、あの時も本当に緊張して震えてしまいました」と再び初コンサートについて触れると、Teoは「僕は全然緊張はしていません」と言って笑いを誘った。

Samが「僕たちと一緒に遊ぶ気持ちで楽しんでください!」と会場の雰囲気をUPさせ、「One More Step」「Payphone(Maroon5のカバー)」をファンのノリのいい手拍子に合わせ熱唱した。

 

 

続いてのソロコーナーでは、Yunが「as long as you love me(Justin Beiberのカバー)」を切なく甘い歌声で披露し、Samは「California king bed(RIHANNAのカバー)」を ファンの心に深くしみわたる澄んだ声で聴かせた。

Teoは「僕のソロの曲はキーが高いからピンチがいっぱいよ!」と話して愛敬を見せ「Impossible(James Artherのカバー)」をさわやか且つツヤッぽく見事に歌い上げ、拍手喝采を浴びた。

時折投げかけられる客席からの声援に、日本語や韓国語で短くかわいらしく応えながら、笑いの絶えない客席に、司会のみんしるが「様々なカバー曲を披露してくれましたが、何よりLUNAFLYをぜひ知っていただきたいですね」とさらに盛り上げると、Samがボソッと「いや原曲の方がいいので、原曲もぜひ聴いてください」と語って、場内は大爆笑。Samは謙虚な中にもウイットに富んだ答えでファンを魅了した。

 

Teoは前回、 打楽器の“ジャンベ”をコンサートで使用していたが、今回はペルー発祥の打楽器“カホン”を使用。見た目には単なる木箱のようだが、たたき方ひとつで全く違う音色を奏でるという特徴を実際に演奏して見せた。

一歩一歩やさしく近づいていく愛を表現した「オルマナ チョウルカ」をしっとり聴かせた後、Teoが「聞いたらすぐに分かると思います!」と次の曲を紹介し、キーボードで弾き始めたのは…なんと“メリーさんのひつじ”!大爆笑のファンにYunとSamが「すみません~(笑)」と日本語でオチャメに謝るコントのような一幕も。

 

ガラリと雰囲気を変え、 日本語で桑田佳祐の「明日晴れるかな」を熱く歌った。

4月に韓国で発売された1stアルバム「Fly To Love」のコンセプトに合わせた衣装変えで、ひと足早く着替え終わったTeoが1人で先に登場し、会場はカラフルなかわいらしい雰囲気に一新!
冗談っぽく、いたずらっ子のように「ここからは僕と一緒に?、僕とだけ!…」と言い、「アンニョンハセヨ~こんにちは~日本語の勉強~一生懸命~…」とキーボードを演奏しながら即興の歌でTeoコールに応えた。

 

次の曲では、この日誕生日を迎えるラッキーなファンをステージ上に呼んでプレゼントするというサプライズを演出!
注目の主人公となったファンがステージの方に向かってくるとYunが手をさしのべてステージに上がるのをエスコート。Teoは水を渡し、Samはタオルで汗を拭いてあげるなど、完璧なまでのサービス(!?)に客席の視線もクギ付け!そして登壇したファンに「お元気ですか~?お名前は?プレゼントとして…わかりますか~?…」と語りかけた後、見つめながら「Just the way you are(Bruno Marsのカバー)」を心を込めて歌うと、客席のファンも手拍子や歓声を送りながら、全体が幸せムードに包まれた。

 

「ポゴイッコナ ポゴシッコナ(会っていたり 会いたかったり)」「Troblemaker(Olly Mursのカバー)」「Van Gogh」「ニ イルミ モニ(君の名前は何?)」「Inoccent and young」と続くと、会場は拳を振りかざしながらノリノリのまさにオールスタンディングライブ!

Yunは「こうして日本に来られるのはファンの皆さんのおかげです。いつもそれに感謝しながら頑張りますので、期待してください。」と真摯に語ると、ファンは会場が割れんばかりの拍手で応えた。

Teoは「世界で一番皆さんが大好きです」と日本語で語りかけるとファンは大歓声!Samは「今日はたくさん来てくださってありがとうございます。前回は初めてだったのですごく緊張しましたが、今回は何だか家族に迎えられているような温かさを感じました。とてもうれしいです」と、リーダーらしく胸にしみいるようなコメントでまとめた。

 

最後は、さらに勢いに乗って、会場を揺らすほどのジャンプや息の合った掛け声、そしてファンの手拍子で「fly to love」をパワー全開でノリまくって歌い、場内は激しく盛り上がって一旦終了した。

鳴り止まぬアンコールに「Let's go!」と応えて「One Direction Medley」を熱唱!ステージを下りて客席に寄り添うなど、ファン密着度120%↑のファンミーティング&LIVEは、LUNAFLYの世界にどっぷり浸ったまま、幕を閉じた。

 

イベント公式サイト : http://angelique-net.jp/top/event/2013lunafly/

主催 : 株式会社アンジェリック

協力 : NEGA NETWORK

 

取材:korepo(KOREAREPORT INC)

2013.07.14

blank