B1A4、Apink、DMTNの3組による「We are Friends Concert 2013」で横浜は熱帯夜!

 

2013年1月に神戸と横浜でのライブを大成功に収めたB1A4と、2011年4月に韓国でデビューし2年目を迎えるガールズグループApink、さらに2013年1月にDalmatian改め「DMTN(Desire、Motivation、Timing、Nowの頭文字)」として心機一転し再始動したDMTNの3組が集まり、6月30日にパシフィコ横浜・国立大ホールにて「We are Friends Concert 2013」を開催した。

 

トップバッターを飾ったDMTNは「Safety Zone」と「Drive(車中で)」でスタートし、一気に会場を熱く盛り上げた。韓国人の父親と日本人の母親を持つ日韓ハーフのサイモンは「横浜は僕の実家がある所なので、ここで公演するということに特別な思いがあります!」と感慨深げに挨拶した。

リーダーのイナチは「皆さんの熱気がすごいので、これからもっともっと楽しくなりそうです」と興奮している様子。

 

続く「officially missing you」「あの男は反対」「E.R」でパワフルなステージを繰り広げ、会場のボルテージはさらに上がっていった。

 

今回のコンサートの目玉の1つでもある各アーティストからのプレゼント抽選会。DMTNからは貴重なプロモーション用のCD-BOXと当日撮影したポラロイドにそれぞれサイン入りのものをプレゼント。

 

また6月28日に誕生日を迎えたジスのためにサプライズのバースデーケーキが準備され、「実は1部の公演でも祝ってもらったんですが、2部でもまたこうしてお祝いしてもらえてすごくうれしいです」と、とびきりの笑顔でジスが感謝の気持ちを伝えた。一口ずつケーキを食べるとあまりのおいしさにメンバー全員が感動。

ケーキをほおばったジスのヘッドマイクにクリームがついてしまい、サイモンに拭いてもらうといった可愛らしい一面にファンからは「かわいい!」と大きな歓声が上がった。

 

続いて華やかに登場したAPinkは「知らない」「HUSH」で可愛らしいダンスを披露し、男性ファンに限らず女性ファンからも大きな声援が飛び交い、会場の熱気はぐんぐん上昇。

 

また、今回のコンサートのもう1つの目玉でもある各アーティストがメンバーを紹介する似顔絵コーナーではウンジとナウンが素晴らしい絵の実力を見せた。

 

ナムジュが「実は私たち心配していたことがあるんです。『なんで?』って聞いてください」とかわいらしく打ち明けた。

 

会場は大きな声で「なんで?」と叫ぶと「まだAPinkは日本でデビューをしていないので、Apinkのファンがいなかったらどうしようと心配してたんです」と話すとすぐに会場からは「そんなことないよ!」との声が。

 

日本デビュー前から多くのファンとの絆が結ばれていることが伺えた。

 

チョロンは「私は日本語の勉強のために、日本語で日記を録音したり、日本のドラマやアニメを見たりしています」と頑張っている様子をアピールすると、続けて「ナムジュさんもそうですよね」とナムジュに問いかけ、ナムジュは「このドラマを皆さん知っていますか」と言った後「家政婦のミタです」とモノマネを披露し、場内は大爆笑。

 

続いて「Like A Dream」をしっとりと聞かせ、「Bubibu」では再びノリノリに。 最後の曲「My My」では最初に掛け声を練習してから歌い始め、会場全体が一体となって楽しんだ。

 

ラストを飾るB1A4は、「Beautiful Target -Japanese ver.-」を歌いながら登場。続けて「Bling Girl -Japanese ver.-」を披露し、ボルテージは最高潮となった。

 

ゴンチャンは「これから一緒に盛り上がりましょう!」とさらに会場を盛り上げると「いつから?今でしょ!」と流行語まで交えた愛嬌のある日本語で挨拶。

 

さらにシヌゥは左肩を指しながら「シヌゥの“ここ”空いてますよ」と芸人オードリー・春日のモノマネをしてファンは大興奮。バロは「僕はケガをしちゃって踊ることはできませんが、代わりに皆さんの胸を躍らせます!」と男らしく叫び、熱気はますます上昇。

 

「歩いてみる」「BABY I’M SORRY -Japanese ver.-」では、会場の掛け声はさらに大きくなりファンと一体化した。

 

B1A4の似顔絵コーナーはどれも愉快な作品で観客を楽しませた。特にゴンチャンが描いたサンドゥルの似顔絵は、彼のポイントだという大きな口が強調されすぎていてピーナッツのような形になっており、サンドゥル本人は納得のいかない表情を見せ「口が2つあるみたいだよ」と抗議すると、ゴンチャンは「そう見えるからですよ」といたずらっぽい笑みを浮かべながら答え、笑いを誘った。

 

「Yesterday」「Beautiful Lie -Japanese ver.-」とさわやかな曲が続き、場内は夏らしい雰囲気に。

サンドゥルは「今日は本当に感動しました。横浜で皆さんに会えて本当にうれしいです。この幸せな気持ちをこめて、ここで一句」と珍しい挨拶に会場からは笑いが起こった。

 

「僕たちは / 君が頼れる / B1A4だ」「僕はサンドゥル / 君のオッパだよ / また会おう」と見事に五・七・五でまとめた2句を披露。

 

続けてバロも「僕たちは / 今本当本当に / ハッピーよ」と愛嬌を見せた。 最後にリーダーのジニョンから「8月に3rdシングル『イゲ ムスン イリヤ ~なんで?どうして?』が発売されます!」と発表されると、会場は割れんばかりの大歓声。今回は韓国語バージョンの「イゲ ムスン イリヤ」をファンとともに熱唱。「おやすみ Good Night -Japanese ver.-」「O.K -Japanese ver.-」と計9曲で迫力のあるパフォーマンスを繰り広げた。

 

今回のコンサートタイトルにもある「We are Friends」のとおり、3組のアーティストと会場全体が友達のように息

2013.07.04

blank