INFINITE、RAINBOW、ZE:Aら『SGC SUPER LIVE 2013』の初日を大盛況で飾った!

 

 

KARA、FTISLAND、INFINITE、RAINBOW、ZE:Aら人気アーティストから注目の新人アーティストたちが6月1日、2日、東京・有明コロシアムに集結。

 

「音楽」×「ファッション」の祭典『SGC SUPER LIVE 2013』が6月1日(土)に開催され、公演の初日を大盛況で飾った。 2日間で計3公演となる同公演の初日の開演前にはレッドカーペットセレモニーが行われ、ZE:A、RAINBOW、FAT CATが登場し、抽選で選ばれたファンから熱い声援を受けた。 日本で行ってみたいところを尋ねられたZE:Aは「富士急ハイランドに行きたい!」とRAINBOWは「ディズニーランド行きたいです!」とそれぞれ笑顔で語った。

 

韓国「Seoul Girls Collection」海外ツアー第一弾公演となる同公演の最初に登場したのは 新しさを意味するNeoのNと、音波を意味するSONICから 命名された7人組ボーカルダンスグループN-SONIC。 「Never Stop」「Super Boy」など強烈なサウンドとパワフルなダンスパフォーマンスを届け、オープニングを飾った。

 

ここでイベントのMCを務める韓国の俳優ソ・ジソクと南丘真希が登場。 ソ・ジソクは「少し緊張していますが、とても、ドキドキ、ワクワクしています。よろしくお願いします」と意気込みを示した。

イベント前半は7月24日に日本デビューが決まったFAT CAT、5人組ガールズグループの2eyes、男性ボーカルグループ5tionのライブとRAINBOW、 2 eyesがモデルとして登場するファッションショーが相互に繰り広げられ、RAINBOWのメンバーはランウエイで華麗なウィーキングを披露、LIVEパフォーマンスとは違う魅力でファンを魅了した。

 

後半のライブステージのトップバッターはZE:A FIVE 、ZE:A 4U と新しいユニットでも活躍中の9人組ボーイズグループ、ZE:A。 白い衣装で登場したZE:Aは「後遺症」を歌い、リーダー・ジュンヨンが「久しぶりに9人揃って皆さんとお会いできて本当に嬉しいです。」と笑顔を見せ、ドンジュンは「皆さん!遊びましょう!」と会場へ呼びかけ、「Daily Daily」へと続き「Hear for2」では迫力ある歌声とダンスパフォーマンスでファンの心をがっちり掴んだ。

 

ドンジュンがサブステージへの移動中にファンの目の前でバク転を披露し、その身体的能力の高さをアピールし、大喝采を浴びた。 さらにジュンヨン、グァンヒ、テホン、ヒチョルによる限定ユニット・ZE:A 4U の1stミニアルバム「Oops!!~アプサ!!~」(6/17)がリリースされると紹介し、「残念だけど最後の曲です」とシワンの言葉でデビュー曲の「Mazeltov」を歌い、踊り、 ZE:Aのステージが終了した。

 

続いて白いシュートパンツの衣装で登場したRAINBOWは「GONA GONA GO」で会場を酔わせ、新曲の「TELL ME TELL ME」や「マッハ」をパフォーマンス。 途中、リーダーのジェギョンから6月4日にアルバムをリリースすると嬉しい報告があり、ファンを喜ばせた。 さらに、「最後に聞きたい曲は何ですか?」と会場へ呼びかけて、おへそを見せるダンスで話題の「A」を披露するなど、7人のキュートでセクシーなステージを演出した。

 

この日一番の歓声に出迎えられて登場したのはシンクロ率99.9%の代名詞を持つ7人組ヴォーカル・ダンスグループINFINITE。 日本1stフル・アルバム「恋に落ちるとき」(6/5リリース)から、「MAN IN LOVE」を 1曲目に披露「NOTHING’S OVER」で会場を盛り上げた。 さらにホヤの「楽しんで行きましょう!」の呼びかけで会場の視線を一気に集め、サソリダンスが印象的な「BTD」ではシンクロ率99.9%の迫力あるダンスパフォーマンスで会場のファンの心をガッチリ掴んで離さなかった。

 

「BE MINE」では一糸乱れぬダンスと歌でイベントを最高潮へと導いた。 サブステージに移動したINFINITEのメンバーはそれぞれ客席のファンの元へより一層近づいて、ファンからの熱い応援にファンサービスで応えたINFINITE。 最後の最後まで盛り上げ、イベントの初日を華々しく飾った。

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

ght="300" />

2013.06.15

blank