七夕に七つの歌のメッセージ!ファンの願いも叶う? 「オ・ジホ七夕の恋の物語~生LIVE&トークコンサートwith BAND」開催!

7月7日にオ・ジホがファンクラブのリニューアルオープンを記念して、日本教育会館一ツ橋ホールで「オ・ジホ七夕の恋の物語~生LIVE&トークコンサートwith BAND」を開催した。

 

タイトルの “生LIVE&トークコンサート”らしく、いきなりジョン・パクの「雨の中で」、続けてイム・ジェボムの「この世が過ぎたら」の2曲を熱唱し、大きな拍手と歓声を受け「とても暑い中、たくさん来てくださって本当にありがとうございます…皆さんおキレイですね~」と最初から甘い一言でファンをクギ付けにした。

 

さらに6ヶ月ぶりのファンとの再会に「本当は私の誕生日の4月にファンの皆さんとお会いしたかった」と挨拶し、すでにヒートアップしたファンの熱気に応え、4月から5月にかけて韓国で放送されたドラマ「職場の神(原作は日本のドラマ「ハケンの品格」)」の撮影のため今日になったことを伝えた。

 

司会の藤原倫己が演技と歌とではどちらが緊張するかと質問すると「やはり歌ですよ!私の専門ではありませんから!」と、笑顔で即答。「音をはずしてしまうんじゃないかとドキドキです」と大人のハニカミを見せ、満場のファンを笑いへと誘った。

また、今回の来日で食べた日本料理について聞くと「昨日実は日本に来たんですが…ホテルに早く戻らなければならなくて、夕食は韓国料理のポッサム(ゆでた豚肉をキムチや韓国味付け味噌などで野菜に包んで食べる料理)を食べたんです」と答えて会場は爆笑。

続けて「本当は“天丼”が大好きなんですが、今回は時間がないので食べに行けなさそうです」と話すと、司会者に「ポッサムが食べられる店より、天丼を食べられる店を見つける方が絶対に早いと思いますよ!」とツッこまれ、場内は大爆笑。
「ちょっと焼けたと思いませんか?」とオ・ジホが話題を変え「野球とゴルフで焼けました。」と言うと、またもや司会が、「あ~、撮影じゃなくて…」とツッコみ「あ~、はい、撮影でも焼けました。」と弁明する一幕も。

 

平日は野球、週末はゴルフ、ゴルフ暦1年にして、なんと80のスコアと野球で鍛えた運動神経の良さを披露したオ・ジホにファンは割れんばかりの拍手を送った。

次に「職場の神」のホットなメイキング映像が放映されると、オ・ジホ自ら撮影時を振り返り、エピソードをまじえながら思い出深いシーンを解説した。

続く「オ・ジホの人生を振り返るコーナーPart.1」では、10代の頃の写真が用意され、角刈りの高校生の時の写真と今の男らしくもソフトなイメージとのギャップに驚くファンの歓声に、会場はさらに盛り上がった。

そして、そのころ流行った思い出の曲、ピョン・ジンソプの「希望事項」を「男性が見た女性の理想像を描いた、楽しく、コミカルな歌」と紹介し「ジーンズが似合う女、ご飯をたくさん食べてもお腹が出ない女…」と軽快に歌った。

1年に1度めぐり会う七夕にふさわしく、 会場で事前に観客が書いておいた願い事をオ・ジホが選んでかなえてあげる「みんなのお願いをかなえるコーナー」では、選ばれたラッキーな 5人がステージに上がった。

 

「ハグして!」「私の名前を呼んでください」など韓国語で書かれた願い事も。
客席の熱い視線を集めた願い事コーナーは、選ばれなかった多くのファンへのプレゼントの思いも込めてか、オ・ジホがトロけるような甘いボイスで POSITIONの「I Love You」をささやくように歌い上げ、客席を魅了した。

 

オ・ジホが韓方医のキム・スンヒョン役を演じるドラマ「第3病院~恋のカルテ~」のメイキング映像が映し出されると、常に笑いの絶えない現場の様子に「私は楽しい雰囲気で撮影に望めばいい作品になると思うので、そういった雰囲気を作るように努力しています」と 撮影に対する心構えを真摯に語り、 撮影当時を振り返った。

ここでドラマさながらの白衣を身にまとったオ・ジホによる「“キム・スンヒョン先生”の悩み相談室」と題したお悩み解決コーナーでは、舞台から降りて大サービス。

「韓国語がなかなか上達しません」の悩みには「私のドラマを一生懸命見てください」と答え、浴衣姿のファンから「汗を止めるツボは?」 という医学的な質問に「ちょっと、難しいですね…私のそばでは汗をかいていいですよ」と名!回答。

 

また、「主人がテレビばかり見て会話をしてくれない」と本格的な身の上相談には「それは医者の私じゃなく夫婦クリニックの方が…」としながらも「夏なのでプールに行くとか旅行に行くとか、とにかく家の外に出ること…」と、担当医そのもの。
それぞれの相談を丁寧にユーモアもまじえ解決策を提案したキム・スンヒョン先生は、最後の「どうしたら痩せられますか?」の相談に「食べないことです。1週間はバナナだけ。そして今日はたくさん汗をかいて帰ってください。」とオ・ジホ自身の減量法を伝授。

 

会場はファンと密着した和やかムードに包まれた。

入隊中の訓練終了後にバスの中でよく聞いていたというPANICの「カタツムリ」を熱唱し「オ・ジホの人生を振り返るコーナーPart.2」に。

20代の頃の写真が登場すると同時に司会者が「これはもうオ・ジホさんですね」と今とあまり変わらない容姿に納得する間も待たず「僕は整形手術してませんよ!」とアピールし、会場に笑いが広がった。

 

また入隊中の写真を見ながら「軍隊では甘いものは支給されないので、チョコパイが恋しくなるんです」と軍隊に行くと無性に食べたくなるというウワサのチョコパイの真相を言及。

「サイコロトークのコーナー」では“役に立つ話”というテーマに「ドラマ『第3病院~恋のカルテ~』をご覧いただくとハリを打つシーンも多いんですが、日常生活の中でも役に立つ漢方医学的エピソードも出てきますので、ぜひ、ご覧ください」としっかりアピール。

他にも“ちょっとエッチな話”というテーマが選ばれたが「それはまた今度」と、オ・ジホ独特の悩殺スマイルで難なくかわし、キム・ジョングクの「一人の男」をしっとり歌ってコーナーを締めくくった。

次に「ドラマ再現コーナー」では、オ・ジホ出演のドラマのワンシーンを再現し、ファンと身近に接し交流を深めた。ファンの熱い視線を一身に浴び、最高の盛り上がりを見せる中、最新ドラマ「職場の神」OSTからキム・テウの「私はバカだ」を響きわたるファンの熱い手拍子に合わせ熱唱し、一旦終了した。

 

会場の鳴り止まぬ手拍子と、響きわたるオ・ジホコールに、日本語でサザンオールスターズの「TSUNAMI」を歌いながら再び登場。 最高点に達した会場のボルテージが、アンコール 曲でさらにUPする中、熱く焦がれた思いを残して6ヶ月ぶりの織姫たちとの再会、“七夕の恋物語”は幕を閉じた。

 

映画「風と共に去りぬ」も7/20から 日本公開が決定し、今後の活躍に注目!

■オ・ジホ JAPAN OFFICIAL FANCLUB
http://www.ohzio.net/

(C)MENTOR Co.,Ltd

 

第3病院~恋の力ルテ~

<ノーカット版> コレクターズボックス好評発売中

発売元・販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

提供:ショウゲート
7/15~ホームドラマチャンネルで放送開始。 

毎週月曜午前10:15~11:30

2013.07.11

blank