Ryu、カン・ヨファン 感動のステージでソナチアンを魅了!『ソナチアン同窓会コンサート』開催!

 

 

ソナチアン同窓会コンサート日本はもちろん、海外でも「新韓流ブーム」を巻き起こしているK-POPブームの先駆けでもあり、日本中を熱狂させ、空前の韓流ブームを巻き起こした「冬のソナタ」。韓流の代表作であり、名作として10年が過ぎた今でも多くのファンに愛されて続けている。

 

韓流音楽を中心に活躍する「癒しの芸術品」バラダン(室内管弦楽団)の定期演奏会として5月12日(日)東京・大井町きゅりあんにて、『「2013年度・ソナチアン同窓会コンサート」Ryu& KangYoHwan with Baladin 』が開催された。

 

ソナチアン同窓会コンサート同公演のオープニングを飾るのはバラダンの演奏による「想い出の“冬ソナ”メドレー」。 会場に「始まり」が流れるとドラマのタイトルバックそして、ユジン(チェ・ジウ)が坂道を駆け下りてくるシーンが自然に映像となって目の前に浮かんでくる。 バラダンの美しい調べは「始まり」から「初めて」までそれぞれの思い出のシーンと共に会場に集ったソナチアンたちを“冬のソナタ”の世界へと導いた。

 

続いて登場したのはドラマ「ホテリアー」のOSTで日本でもおなじみのカン・ヨファン。アニメ「冬のソナタ」ではOSTはもちろん、サンヒョク役で声優としても出演するなど歌手として、また、俳優としても活躍している。 最初に人気ドラマ「ホテリアー」のOSTから「君に逢える日」を届け、会場に響くその歌声でドラマの世界をドラマチックに表現し、会場を感動の渦へと巻き込んだ。

 

大歓声に迎えられて日本のステージに立ったカン・ヨファンは「久しぶりに皆さんとお会いできて本当に嬉しく思います。今日は皆さんの心の中の思い出の1ページに刻まれることを願いながら精一杯歌いますのでよろしくお願いします。」と挨拶し、アニメ「冬のソナタ」OSTより「ソナタ」を情緒たっぷりに歌うと大きな拍手が贈られた。

 

ソナチアン同窓会コンサートソナチアン同窓会コンサート

 

日本でのコンサートは実に4年ぶりというカン・ヨファンは「すごく幸せです。」と今の気持ちを明かし、トークコーナーでは普段から交流のあるペ・ヨンジュンについて語った。 「ヨンジュン先輩はいつも後輩たちを呼んで一緒にワインを嗜むことを楽しみにしている方で、その日はいつになく会話が進み、楽しくワインを飲んでいたんです。雰囲気があまりにも盛り上がって『ワインをもう1本開けよう!』ということになりました。ヨンジュン先輩が自宅のワインセラーから取り出したワインが値の張る高価なワインだったみたいで、周りの目を気にしながらさっと後ろに下げて別のワインを出したのですが…。

 

その時、僕と3秒間目が合ってしまったんです。」と話すと会場は爆笑。 「その日は楽しい1日を過ごし、帰りは(ヨンジュン先輩が)タクシーまで呼んでくれました(笑)。」とペ・ヨンジュンのお茶目な面を垣間見せるエピソードで会場を沸かした。

 

 

 

「ただ君だけ」、自身が作詞し、ペ・ヨンジュン公式HPのBGMで知られる「大切な君」など4曲を披露、最後に「僕が個人的に悩んだり、疲れたりした時に“ファイティン!”と力を貰う大好きな曲です。」と安全地帯の「悲しみにさよなら」を熱唱、バラードからアップテンポまでその圧倒的な歌唱力と存在感を示した。

 

ソナチアン同窓会コンサートソナチアン同窓会コンサート

 

ソナチアン同窓会コンサート「最初から今まで」のイントロが流れ第2 部がスタート。 「最初から今まで」の記録的大ヒットにより、韓流ブームの立役者の一人でもあるRyuがブラックスーツ姿で登場すると会場は一段と大きな歓声と拍手で埋め尽くされた。

 

 

「アンニョンハセヨ~!ソナチアン同窓会の同級生の皆さん!儲かりまっか?」と得意の日本語トークで客席の笑いを誘うと「今日は母の日ですね。今日はハ・ハ・ハと笑いが絶えない、幸せなお時間になりますように。」と流暢な日本語で客席との会話を楽しみながら次の曲「忘れないで」を紹介。 Ryuの切ない歌声はソナチアンの胸に響き、感動を与えた。

 

サンヒョクのテーマ曲「あなただけが」ではサンヒョクを演じた今は亡きパク・ヨンハが思い出され、様々な想いが込み上げた。 「スミレ」、「MOMENT」といったドラマの名曲はもちろん「Over the rainbow」、「Moon river」と世界的な名曲も「癒しの芸術品」バラダンとのコラボで披露され、観客を酔わせた。 楽しいMCで定評のあるRyuのトークコーナーでは今後の活動に触れ、「料理本が早ければ秋。遅くても秋に発刊されます(笑)。」と嬉しい報告も。 ジョークを交えたトークで会場を和ませ、ライブではしっとりと、ドラマチックに歌い上げ、イベントを最高潮へと盛り上げるRyu。

アンコールでは「My Memory」を熱唱、再登場したカン・ヨファンとの息の合ったステージでこの日集まったソナチアンたちを魅了し、幕を閉じた。 演奏と
歌によって、次々と蘇る名シーン。 チュンサン、ミニョン、ユジン、サンヒョク、それぞれの表情や眼差しをも思い出される同イベントはソナチアンの心に更なる感動と美しい思い出を残したに違いない。

 

ソナチアン同窓会コンサートソナチアン同窓会コンサート

 

取材:Korepo(KOREAREPOT INC)  Photo:(C)ハーモニー-

*バラダンオフィシャルサイト http://www.baladin.net

*Ryu公式WEBサイト http://www.ryufan.com/

2013.05.20

blank