若手人気俳優ユン・シユン 「2013 YOON SIYOON 2nd Fan Meeting in TOKYO “KOKORO”」開催!

 

ユン・シユンの魅力全開! 韓国ドラマ「製パン王キム・タック」「私も花!」で主演し、日本でも人気上昇中の俳優ユン・シユンが、5月6日(月・祝)東京・ゆうぽうとホールにて、2回目のファンミーティング「2013 YOON SIYOON 2nd Fan Meeting in TOKYO “KOKORO”」を開催。

 

日本で初めてのファンミーティングからちょうど1年。ファンにとっては待望のファンミーティングとなり、昨年よりも更にパワーアップしたユン・シユンの魅力を見せ、今回はミニコンサート形式で進行された。

 

「ユン・シユン、出場だ!レッツゴー!」のかけ声で、ダンサーと共に「ギンギラギンにさりげなく」を歌いながら登場したユン・シユン。 会場のファンもペンライトと歓声で迎え、オープニングからパワー全開でスタートした。

 

歌い終えると、「ワイルドだろぉ~!」を連発し、それに応え会場も黄色い歓声で溢れた。 続いて2人のアコースティックギター奏者の演奏で、「WINTER STARS」「夢を見る」をしっとりと披露し、昨年よりも更に増した男らしい魅力と歌声に会場のファンは大声援を送った。

 

「ほんとにお久しぶりですね~」と挨拶してトークコーナーがスタート。

 

この一年はどのように過ごしていたかとの質問に、「ドラマの撮影をしていました。中国やインドネシア、ベトナムにも行きました」と答え、色々な役を演じたがその中でスタイリストアシスタントの役が一番大変だったと明かした。

 

「僕はファッションセンスがあまりないんです。いつも同じ服を着ているんですよ(笑)。皆さんがくださる洋服は20年着れます(笑)」とジョークで答え、会場も大爆笑。 ドラマ「となりの美男<イケメン>」の話題になると、突然「となりのトトロ」の曲を歌いだすユン・シユン。そのお茶目の姿に会場のファンはメロメロ。

 

「となりの美男<イケメン>」では毎回裸のシーンが登場するが、特に今回は脚線美を見せたと話し会場から笑いを誘った。

出演を決めたきっかけについては、いつもキャラクターが出演の決め手になっていると話し、キャラクターのモデルを研究して勉強するが、今回はモデルに「ワンピース」のルフィーを参考にしたと明かすと、会場のファンからは「へぇ~」と納得した声も。 主人公ケグムとユン・シユンが似ているところが多かったのではとの問いには、「自分自身のなかにある子供っぽいところは引き出そうと思い、ケグムは大人と子供の間の役柄なので、その美しい心や純粋さを演じたいと思った」と答え、一番記憶に残っているシーンは、「パンダの着ぐるみを着たシーンで、台本にもなく自分自身が企画し、話題になったパンダダンスも自分で考えて演じたこと」と明かした。

 

子犬と演じたシーンでは、子犬が自分のことを嫌っていたのかとても時間がかかってしまい大変だったと笑いながらエピソードを話した。

そしてドラマのOSTから「付き合いたい」を披露、2番は日本語の歌詞で歌い、会場はドラマの余韻で一杯になった。

 

続いては、韓流スター ユン・シユンが日本語能力試験を受けるというコントコーナー。

 

青色の上下ジャージ姿にメガネ姿で登場したユン・シユンが、問題の単語を日本語で記入する設定。お茶目な姿をたっぷりと披露し、日本語の実力も大いに発揮しながらも会場から笑いを取る演出にユン・シユンのエンターテイナーぶりを見せつけ、ファンも大満足した。 ダンスパフォーマンスのコーナーでは「となりの美男<イケメン>」で話題になったパンダの着ぐるみで登場し、ケグムのパンダダンスを披露。

そしてサインボールをステージから投げてプレゼントしていたが、少しでもファンに近づいて届けたいという思いから途中で会場へ降りてまでファンへプレゼント、「クラブ MIX」や「江南スタイル」のダンスパフォーマンスも披露して会場は最高に盛り上がった。

 

ダンスの後は「手紙」を披露しながらファンとしっとりと触れ合うコーナー。

「My Darling」の曲に合わせて、会場のファン5人を選んで一輪のバラの花とハグをプレゼントし、選ばれたファンは最高の思い出となった。 最後に「瞳をとじて」を熱唱後、会場は拍手と歓声が鳴り止まない程、感動で一杯となった。

そしてファンへ向けて、「お互いに言葉は通じないですが、歌うたびに心を分かち合えることができればいいなと思いました。

久しぶりにみなさんに会え、こんなに温かく迎えてくれて本当にありがとうございます。役者として出演している時とこのステージに上がっている時と同じです。いつもみなさんがどう思っているかほんとに心配なんです。恐怖心を感じる時もあり、いやだなと思われているんではないかと、ステージにいるときはほんとに淋しいです。役者としての重みも感じていて、でもステージでみなさんの目を見ているとそう言った肩の荷がすっと降ります。まだまだ未来が不透明な状況なので、いつも不安な中にいますが、みなさんといる瞬間はほんとに幸せです。みなさんが僕を笑わせてくれているんです。素敵な素晴らしい俳優になって本当に幸せになりたいと思います。ありがとうございます」と熱いメッセージを述べ、会場のファンからも声援と温かい拍手が送られた。

 

最後に「ひとつ星」を歌い、アンコールでは「ジュリアに傷心」とちびまる子の衣装に扮して「おどるポンポコリン」を大熱唱し、最高のパフォーマンスを披露したユン・シユンの笑いと優しさでいっぱいのファンミーティングは幕を閉じた。

 

終了後は握手会も行われ、ファンひとりひとりと熱い心の触れ合いを楽しんだ。 ドラマ「となりの美男<イケメン>」でも見せた俳優としてのユン・シユンの温かい魅力あふれる姿に益々期待が高まる!

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

■ユン・シユン日本公式フアンクラブ ※6/7(金)リニューアル

 

■「2013ユン・シユン FANMEETING IN TOKYO (仮)」

韓国 100%エンターテインメントチヤンネルMnetにて7月 放送決定!

「となりの美男 <イケメン>」 5月 13日 (月 ) 日本初放送スタート 毎週 (月)(火)午後 9:00~ 10:00他

 

【チヤンネル情報】

韓国 100%エンターテインメントチヤンネル「Mnet」 スカパー!、全国のケーブルテレビほかで視聴可能 Mnetカスタマー TEL:03‐3502‐3141(平日 10:00‐12:00、 13:00‐18:00)

Mnetホームページ http://jp.mnet.com/jtv/

 

【番組紹介】

「TAXI~ ユン・シユン&パク・シネ編」 5月18日 (土)午後9:00~ 10:00

「ユン・シユンのカルチヤーホリック・イン・バンコク」 6月18、25日 (火)午後7:00~ 8:00他

「2012ユン・シユン lstフ アンミーテイング in東 京 KIZUNA」 6月29日(土)午後9:00~10:20他

 

2013.05.13

blank