「夢は東京ドーム公演!」新進気鋭の実力派グループFIXにKorepoが単独インタビュー!

2012年に「言わないで」でデビューし、「棚ぼたのあなた」「パダムパダム-彼と彼女の心拍音- 」「烏鵲橋の兄弟たち」など数々のヒットドラマのOSTに参加、その高い歌唱力で定評のある実力派3人組グループFIX(フィックス)が来日、東京公演の合間を縫って、korepoのインタビューに応えてくれた。

FIXというグループ名は「Fine Instrument Expert」の頭文字をとり、“素晴らしい楽器(道具)のエキスパート”という意味だ。

 

夜公演を控えたタイトなスケジュールにも関わらず、笑顔で迎えてくれたFIXのメンバー。 最年長で自ら作詞作曲を手掛け、日本のタレント柳沢慎吾似と評判のラッップ担当、ヌリ。 人懐っこい笑顔と幅広い音域で人々を魅了するボーカル・オソン。

高い表現力と甘い歌が魅力、最年少でありながらリーダーとしての存在感が光るチョンウク。

 

Qそれぞれ歌手になる時に影響を受けた人を教えて下さい。

チョンウク:親戚にSUPER JUNIORのリョウクさんがいるんですが、その影響が大きかったですね。 ヌリ:影響を受けた人はたくさんいますが、特にアメリカの有名なラッパー・The Notorious B.I.G.さんです。 オソン:僕は、祖父と父が音楽が好きだったので、自然とその影響を受けました。

 

Qデビュー曲『Please don’t say(言わないで)』のMVには、SUPER JUNIORのウニョクさんが出演され話題を呼びました。ウニョクさんのMV出演のきっかけを教えて下さい

チョンウク:僕たちがデビューの準備をしている時、いとこのリョウクさんに相談したところ、既に知り合っていたウニョクさんが「僕の方が顔もいいから、僕が出てあげるよ(笑)。」と引き受けてくれたので実現しました。

 

Q次回、リョウクさんがMV出演する予定はないですか?

チョンウク:リョウクさんはMVとかに出るのが苦手ということもありますが、スーパースターで忙しいのですからね。

ヌリ:でもいつかは期待できるかもしれないですね(笑)。その時は僕たちFIXがもっと有名になってSUPER JUNIOR と肩を並べるくらいになったら実現するかもしれないです。

 

Q今回の「2nd SHOW CASE&ファンミーティング」は27日大阪公演でした。 初めての大阪はいかがでしたか?

ヌリ:大阪はたこ焼きが美味しかったです(笑)。

チョンウク:大阪のファンの方たちは活き活きしているように感じました。 歓声も凄かったですし、僕たちの名前を叫んで応援してくれました。

 

Qアジア貧困地域の子供たちを支援するGFSC(Good Friends Save the Children)の広報大使として福島復興のイベントに参加する為に福島を訪問されましたがいかがでしたか?

オソン:GFSCの広報大使として福島に行きましたが福島のファンの方たちが笑顔で明るく迎えて下さり、とても親切にして下さったので、逆に僕たちが癒されました。とても感動しました。

チョンウク:慈善活動をたくさんされているGFSCの広報大使に任命されたこと自体、僕たちにはとても幸せなことだと思います。福島に行って僕たちの歌で福島の皆さんが笑顔になっている姿を見て僕たちも感謝していますし、嬉しかったです。

ヌリ:GFSCの広報大使としての活動自体が素晴らしいことなので、福島だけでなく、どこでもこういった活動ができればいいと思います。

 

 

Q福島で美味しいものを食べましたか?

チョンウク:旅館に泊まりましたが料理がとても美味しくて、福島の郡山の有名なお菓子も食べました。

オソン:とんかつ食べました。たくさん食べました(笑)。

ヌリ:しゃぶしゃぶを食べました(笑)。それから、「ふくしま&韓国・食の祭典2013」というイベントだったので、韓国の店もたくさんありましたし、日本食の店もありましたので、焼きそばも食べました(笑)。 牛肉焼きも美味しかったし、日本のラーメンも食べました。美味しかったです。試食会もあったので、みんなと一緒に食べました。

 

 

Qそれぞれ今一番夢中になっているものは?

ヌリ:僕は作曲に夢中になっています。 チョンウク:僕は夢中になっているというより、新しいアルバムの準備の為に悩んでいる最中ですね(笑)。

オソン:僕は演技にも関心があるので、ドラマの事や演技に関心を持っています。

 

Q:今後の目標は?

オソン:目標は東京ドームです!

チョンウク:日本だけではなくて世界から愛される歌手になるのが目標です。

ヌリ:僕は韓国でも1位を獲得して、日本でもオリコンチャート1位になることが目標です。

 

終始和やかな雰囲気で、歌の実力はもちろん、それぞれ三者三様の魅力が相まって、FIXという魅力的なグループが生まれたことがこのインタビューを通して感じられた。

 

 

イベント終了後、瞬時に「3rd SHOW CASE&ファンミーティング」開催を待ち望む声も高く、回を重ねるごとに日本での知名度、人気度ともに上昇中のFIX。 彼らの今後の活躍
に期待が高まる。

 

 

*FIX japan official site.  http://www.fixjapan.net

取材:Korepo(KOREAREPORT INC) photo ham / report ogawa

2013.05.04

blank