ZE:A単独ライブ「Empire of ZE:A -episode3- ZE:A LIVE 2013 in YOKOHAMA」開催!2日間で約7000名を魅了!

3月21日と22日にパシフィコ横浜にて、昼の部はファンミーティング、夜の部はライブと異なるイベントを開催。

昼の部では久々となるZE:Aのファンミーティング「全員集合!ZE:A's学園 学園祭」は、ファンもZE:Aメンバーも学生になって一緒に楽しむ学園祭というコンセプトで行われた。

<ZE:A

ZE:A's学園の校長を務めるMCの古家正亨の呼びかけで、ZE:A's学園際実行委員長のジュンヨンと、学園の精鋭達のメンバー全員が学ラン姿で登場!レアな学ラン姿のメンバー達に、ファンから黄色い歓声が上がり、学園祭ムードが一気に盛り上がる。

 

それぞれの自己紹介では、不良学生風だったり、いじめられっ子だったりとメンバーそれぞれがキャラを演じ、会場の笑いを誘った。ゲームはファンもメンバーも2チームに別れ「借り物競走」が行われ、リストに書かれたモノを借りるために、メンバー達はそれぞれ会場内を練り歩くなど、ZE:Aを間近で見ることができるイベントとなった。

 

そして、ZE:Aに関する○?クイズでは残ったファン5人が舞台に呼ばれ賞品としてZE:Aメンバー全員とのチェキ撮影が行われた。最後は、参加者全員にメンバーからそれぞれ表彰状の授与が行われ、大好評のうちにZE:A's学園祭は幕を閉じた。

 

そして夜の部ではZE:Aの単独ライブ「Empire of ZE:A -episode3- ZE:A LIVE 2013 in YOKOHAMA」を開催。開演直前、場内が暗転すると、会場は、埋め尽くしたファンの手に灯されたペンライトの海に。

パールホワイトの光が波打つ中、ステージ上のスクリーンには真っ赤な太陽の映像。場内のファンの気持ちを表すかのように激しく燃え、燃え尽きたところで、「PHOENIX(日本語ver.)」の曲がスタート。

 

まるで王子様のような、ゴールドの飾りのついた真っ白のスーツでZE:Aが登場した。イントロが始まった瞬間から、会場は総立ちになりノリノリに。「Be my girl」「All Day Long」と歌い進めるごとに、場内の熱気はぐんぐん高まった。

 

ここで「皆さん、本当に会いたかったです。こんばんは!ZE:Aです」というケビンの挨拶から、楽しいトークがスタート。ヒョンシクが「今日はたくさん準備したので、最後まで楽しんでください」と日本語でのトークに、会場とともにステージ上のメンバーからも歓声が。続けてヒョンシクは「皆さんのために日本語を勉強しています」とはにかみなが話すと、会場からも応援の大歓声上がった。ドンジュンは「皆さん、今日も準備いいですか?」と問いかけ、ファンが答えると、「もっともっと(大きな声で)!」とあおり、さらにヒチョルが「何やってんだよ!準備いいですか?」と更に熱く会場を盛り上げた。

 

キレのあるダンスの「Never End(日本語ver.)」に続き、R&B ver.になった「後遺症」はガラリと変わって大人の雰囲気で魅了した。

 

ZE:A ここで再びMCに。ミンウが「最近何をしてました?」とメンバーそれぞれに質問。

テホンが「あなたのことを考えてました」と答えると、ファンは大喜び。ミンウは「PVの撮影をしました」と話し出すと、すぐさまメンバーから「新しいシングルですか?」と質問が飛び出し「はい。サードシングルが出ます」と、息ぴったりのやりとりで別ユニット3Peace☆Loversの新曲をアピール。シワンも「最近はミュージカル(僕の出演分)が終わって、今度は映画の撮影に入ります」と次回作の出演をPRした。途中で何度もヒョンシクが話したいと目でアピールするが、メンバーがふざけてわざとヒョンシクにしゃべらせないようにするといった、茶目っ気たっぷりなやりとりもファンを喜ばせた。

ようやく出番が来たヒョンシクが「最近…」と話し始めると、ミンウが「次のステージを紹介して!」と入り込み、仕方なく「次のステージは…」と紹介し始めると、再びミンウが「分かりました。次のステージはケビンさんです」と入り込んで場内は大爆笑の渦となった。

ZE:A そして次からは一変してクールなソロパフォーマンスのコーナーへ。 ケビンは、華麗なダンスでマイケル・ジャクソンを見事に再現。マイケルの名曲をメドレーで披露した。特に「Billie Jean」の有名な振り付けである、腰を振る動きやムーンウォーク、つま先立ちは圧巻。

 

続いて赤のキャップとハイカットスニーカーにジーンズという、少年っぽい姿で登場のドンジュンとミンウは、さらに男性ダンサー2人を交えて迫力のあるダンスを披露。次のヒョンシクは、シン・スンフンの名曲「I Believe」を日本語で熱唱。テホンとジュンヨンは、2人で作ったという曲を披露。歌の途中で、客席に花をプレゼントするというサプライズも。風船に囲まれて登場のグァンヒは「Grandfather’s clock」、Carly Rae Jepsenの「Call me maybe」、SISTARの「Loveing U」のメドレーで、キスしたぬいぐるみを客席に投げるという、かわいいパフォーマンスも加えた愛らしい世界を展開。

 

そして最後に登場した長髪で長身の女性が…と思ったら、なんと長髪のかつらをつけ、完全に女装したヒチョル!場内は大爆笑となったが、スクリーンにヒチョルの顔がアップで映し出されると、会場からは「キレイ!」とため息がもれた。

2人の男性ダンサーとともに安室奈美恵(feat. AFTER SCHOOL)の「Make it happen」に合わせて妖艶なダンスで客席を魅了した。

 

続いてZE:A FIVEが登場し、「She’s Gone」「Lovely Day」「Beautiful ma girl」の3曲を熱唱。再び9人に戻って「Daily Daily(日本語ver.)」と「Begin with kiss」を歌うと、場内のボルテージは最高潮となった。

 

ZE:A 最後のMCでは、まだ日本語での会話は難しいグァンヒのために、シワンが通訳を買って出た。グァンヒが「今日はコンサートに来てくれて、本当にありがとうございます」と韓国語で話すと、シワンは「昨日僕が皆さんに車を買ってあげると言ったこと、覚えてますか?」と全然違う内容を日本語で続け、笑いを誘った。

さらにグァンヒが「今度はZE:A FIVEとしても活動します」と韓国語で話すと、シワンは「今日も僕が買ってあげます。何が必要ですか?」と話し、グァンヒが「ZE:A FIVEにも応援をよろしくお願いします」と続けると、シワンは「家が必要ですか?バッグが必要ですか?」と続けて、場内は笑いの渦に。

さすがにおかしいと思ったグァンヒが「“ZE:A FIVE”の話をちゃんとしてよ」と言うと、「皆さん、ビックリしないでください。皆さんが必要なものを今日は“ファイブ”…5こずつ買ってあげます!」と、まるで漫才のようなやりとりで客席の笑いは止まらなかった。

 

最後に「HEART FOR 2」「Dirty Cat」「Body to Body」を歌って跳ねて大盛り上がりの中、終了。もちろん、場内はすぐにZE:Aコール。オリジナルの白いTシャツにジーンズ姿で再び登場した9人は、「Bad-Talk-Sad」「Mazeltov」「Watch out!(日本語ver.)」をメドレーで披露し、最後の最後に「星になって…(Someday…)」をしっとり歌って幕を下ろした。聴かせて、魅せて、笑わせるZE:A帝国は、一度入ったら帰国したくなくなるほど。今後のさらなる活躍に期待したい。

 

取材:Korepo(KOREREPORT INC)   写真:(C)IMX & Star Empire

2013.03.27

blank