「3度結婚する女」、自己最高視聴率で放送終了

「3度結婚する女」、自己最高視聴率で放送終了

SBS週末ドラマ「3度結婚する女」(原題)が自己最高視聴率を更新して幕を下ろしたことわかった。

31日、視聴率調査機関ニールセンコリアによると前日(30日)夜10時に放送された「3度結婚する女」最終回の視聴率は全国基準17.2%、首都圏基準19.4%を記録したという。

キム・スヒョン作家の同ドラマは財閥家の男性と再婚したオ・ウンス(イ・ジア)が夫の浮気のせいで2度目の離婚をする過程を通して、最近の離婚と再婚の世相を細かく描いた。

「3度結婚する女」の後続番組にはイ・サンユンとク・ヘソンが主演を務める「エンジェルアイズ」が放送される。

また同時間帯に放送したKBS「鄭道伝」は16.1%を記録し、MBC「黄金の虹」はことし2月30話で記録していた自己最高視聴率(16.1%)を越えられず、15.2%で終了した。

熟年離婚を扱ってハッピーエンドで終わったMBC「自分のために愛せ」も自己最高視聴率(6.8%)を記録して放送終了した。

2014.03.31

blank