「コラム」韓国の人たちは何に一番怒るのか?

2016.12.07

0txtzwem6m5cidr1480991046_1480991091

週末ごとにソウルで開かれている大統領退陣要求デモ。その規模は史上最大級にまで拡大している。なぜ多くの人が街頭に繰り出して大統領の責任を追及しているのか。それは、特権階級の不正に国民が心底から怒っているからだ。

 

仏教から儒教へ

9世紀前半に建国された高麗(コリョ)王朝は1392年まで続いた。
この王朝は典型的な仏教国家だった。初代王の王建(ワン・ゴン)が遺言で「仏教を重んじろ!」と言い残したほどである。
仏教には平等思想があり、高麗王朝時代には男尊女卑の風潮は特になかった。女性には親の財産の相続権もあり、一定の身分が保証されたのである。
その高麗王朝を倒して1392年に建国された朝鮮(チョソン)王朝は違った。仏教を排斥して儒教を崇拝したために、女性の立場がガラリと変わった。(ページ2に続く)