BLACK PINK、「人気歌謡」で2週連続1位

「BLACK PINK」、「人気歌謡」で2週連続1位

ガールズグループ「BLACK PINK」が2週連続1位に輝いた。

「BLACK PINK」は4日午後12時10分に放送されたSBS「人気歌謡」で、キム・セジョン(gugudan)の「Flower Way(花道)」と、ヒチョル(SUPER JUNIOR)×ミン・ギョンフン(BUZZ)のデュエット曲「ナビジャム(Sweet Dream)」を抑え、「火遊び」で12月第1週の1位を獲得した。

1位の名前を呼ばれた「BLACK PINK」は、笑顔を浮かべながら「YGエンターテインメントのスタッフ、ファンの皆さん、本当にありがとう」と伝えた。

また、この日の「人気歌謡」は、「Sechs Kies」のカムバックステージも、放送前から話題を集めた。約16年ぶりに音楽番組に戻ってきた彼らは「緊張しているけれど、(ファンの)黄色いレインコートを見たら、ちょっと緊張がほぐれてきたようだ。これからも長く、共に歩んでいこう。ありがとう」と明かした。

「Sechs Kies」はトリプルタイトル曲「騎士道」「情熱」「カップル」を披露。メンバーたちは16年前を思わせる童顔美貌や一段と洗練されたステージパフォーマンスで、全盛期と変わらぬ姿を見せ、ファンの歓声を浴びた。

「B1A4」の完全体カムバックステージも目を引いた。約1年3か月ぶりに完全体として帰ってきた彼らは、タイトル曲「嘘だ(A lie)」と収録曲「悪夢」のステージを披露。特に、「嘘だ」では、強烈な男性美を発揮し、女性ファンを胸キュンさせた。

他にも、「B.A.P」、ヒョヨン(少女時代)、ヒョリン(SISTAR)、「MAMAMOO」「ASTRO」「LABOUM」「VICTON」「IMFACT」らが出演し、見どころたっぷりのステージを繰り広げた。

WOW!korea提供

2016.12.04

blank