WINNERスンフン、バラエティ番組に出演 "とても貴い経験をした"

201611300918779581_583e1ba049ab4

人気アイドルグループWINNERスンフンが、ケーブルチャンネルtvNのバラエティ番組「食べて寝て食べて」への出演の心境を伝えた。スンフンは、29日午後に放送された「食べて寝て食べて~クラビ編~」でペク・チョンウォン、コン・スンヨンと楽しく息を合わせて、和やかな様子を演出した。
スンフンは30日、「『食べて寝て食べて』で沢山学びました。忘れることができない思い出です」と、出演の心境を明らかにした。

スンフンは、「最初は休暇に行くようでただ楽しかったです。でも行ってたいへんな責任感を学んで来て、今はとても貴い経験だったと思っています」と伝えた。
そして「ペク・ジョンウォン先生は、飛行機でもレシピを見ながら休み時間にもずっと料理の研究をされました。そんな姿を見て学んだ点が多いです。僕らもどんな場でも与えられた仕事に最善をつくさなくてはいけないと思いました」と、感想を述べた。


スンフンは、「確かな僕のキャラクターがありました。食べ物の味とその気分をありありと伝達しなければならないという責任感が重要だと感じられました」と、成熟した様子を公開した。
実はスンフンは、プログラムの収録前にタイの見所と食べ処に対する情報を集めたが、ペク・チョンウォンのメニューをおいしく食べるために他の食べ物を一切口にしなかったという。

2016.12.01

blank