俳優ソ・イングク、"ドラマが弱体だと言われたが、結局1位"

201611251849771506_583809e47f2a1俳優ソ・イングクが、ドラマ「ショッピング王ルイ」の奇蹟の逆走行について語った。

ソ・イングクは最近、ソウル市鍾路(チョンロ)区のあるカフェで行なわれたMBCドラマ「ショッピング王ルイ」に関するインタビューで、「(ドラマが)弱体だという評価を受けた時、率直に言って気分が良くなかったです。俳優もスタッフも皆大事な存在ですから。結果的に1位になったことで何かをお見せできたということに最大の価値を置いています」と言った。

そして彼は、「1話の視聴率が5%と出た時、僕も監督もお互いに機嫌を伺って何の話もできませんでした。視聴率が出たあとの最初の撮影シーンが、僕が詐欺に合って銀行に行って確認するシーンでした。そのシーンの撮影が終わって、僕と監督と見つめ合ってほほ笑みました。あの時監督が、『大丈夫だ。これからうまく行くだろう』と慰労してくれました」と当時を回想した。

2016.11.26

blank