<青龍映画賞>俳優イ・ビョンホン、男優主演賞受賞「国民のロウソクはいつか希望に」

<青龍映画賞>俳優イ・ビョンホン、男優主演賞受賞「国民のロウソクはいつか希望に」

韓国俳優イ・ビョンホンが、最近の社会情勢やキャンドル集会について言及した。

25日、ソウル・慶煕(キョンヒ)大学 平和の殿堂にて「第37回青龍映画賞」授賞式が行われた。

男優主演賞を受賞したイ・ビョンホンは、ユ・アインから賞を受け取った。イ・ビョンホンはステージに上がる前、チョ・ウジンと抱き合って喜びを分かち合った。

イ・ビョンホンは、妻で女優のイ・ミンジョンをはじめとする家族や事務所のスタッフたちに感謝の気持ちを伝えた。続けて「現実が『インサイダーズ/内部者たち』を負かすような状況だ。所信発言ではない」と述べて、大きな拍手を浴びた。

さらに「みんなが心を一つにしてキャンドルを持つのを見たが、『いつかあれが希望の灯火になるだろう』と信じられた。25年間準備してきたたくさんの感想を今後この青龍映画賞で少しずつお話できるよう、頑張っていくつもりだ」と明らかにした。

女優主演賞は、映画「お嬢さん(アガシ)」に出演した女優キム・ミニが選ばれた。

WOW!korea提供

2016.11.26

blank