新鋭女優キム・ヘイン、映画「アリ洞」出演確定…ペク・ユンシクらと共演へ

新鋭女優キム・ヘイン、映画「アリ洞」出演確定…ペク・ユンシクらと共演へ

韓国の新鋭女優キム・ヘイン(23)が映画「アリ洞」(仮題、監督:キム・ホンソン)にキャスティングされた。

11日午前、所属事務所キーイースト側は「tvNドラマ『アントラージュ』に知性と美貌を兼ね備えたインテリアデザイナー、ソ・ジアン役で出演したキム・へインが、映画『アリ洞』の出演を確定させた」と明かした。

韓国映画「アリ洞」は細長くまっすぐで悪名高いアリ洞最高の最古参とこの町に関心が多い前職刑事がなぜかコンビになって、町内一帯で発生する謎の事件を追う作品だ。キム・ホンソン監督がメガホンを取り、ペク・ユンシク、ソン・ドンイル、チョン・ホジン、ペ・ジョンオクらの出演が決まっている。

キム・へインは劇中、アリ連立マンションのオーナー、シム・ドクス(ペク・ユンシク)とことごとにぶつかる20代の住居人キム・ジウン役を演じる。物流センターのアルバイトで生計をたてる就職準備生キム・ジウンは、アリ洞で広がる謎の事件に巻き込まれていく。

一方、キム・へインが出演する映画「アリ洞」は先月末にクランクインし、来年の公開予定だ。

WOW!korea提供

2016.11.12

blank