F.CUZ(フォーカズ)&DALMATIAN(ダルメシアン)『Knock』で共演!圧巻のパフォーマンスにファンが熱狂!

 

12月6日(木)東京・台場Zeep DiverCityにて開催されたCOOPERATION LIVE『Knock』でF.CUZ& DALMATIANの“夢の共演”が実現した。

 

ダルメシアン
『Knock』は今後の活躍が期待されるK-POP新人アーティストたちを中心に出演アーティスト、イベンダー、メディアがひとつになり、ジャンルや型にとらわれない「新スタイルのLIVEを提唱、音楽で地域に貢献していく」をコンセプトとし、3日、大阪からスタート、4日の名古屋に続き、東京でファイナルを迎えた。

モデル並みの長身と洗練された容姿で「モデルドル」(モデル+アイドル)と呼ばれるデビュー。

その後、メンバー脱退後、新たにDAEGEONとRAEHYUNの2 人が加入5 人での活動をスタートさせた新生F.CUZ (フォーカズ)と、韓国を代表するエンターテイナーMCモンの秘蔵っ子として2010年9月にデビュー。その後メンバーの入隊、脱退、SIMONの加入を経て、現在5人で活動中のDALMATIAN(ダルメシアン)が同じステージに立った。

 


ダンスナンバー“NO.1”で幕を開けたF.CUZのステージはリーダー・JINONの「皆さん一緒に!」の掛け声で2曲目“Rise Up”を披露、オープニングから会場を熱い熱気に包み込んだ。
「はい。皆さんF.CUZのヴィアルジュアル担当KANです。」
「F.CUZのカッコイイDAEGEONです。よろしくお願いします。」
「皆さん、今晩は。F.CUZのひまわりYEJUNです。」「皆さん、今晩は。RAEHYUNです。」
「皆さん、今晩は。F.CUZのワイルドだろ~!カリスマリーダー・JINONです。よろしくお願いします。」とメンバーの自己紹介からトークコーナーへ。


MCのYEJUNから「名古屋公演のあとお休みでしたがみんな何をしましたか?」と聞かれたメンバーは「僕は昨日つけ麺をいっぱい食べました(笑)。」とDAEGEON。

RAEHYUNも「僕もいっぱい食べて、寝て、食べて寝て・・・(笑)。」と答え会場の笑いを誘った。

リーダー・JINONは「僕は皆さんの愛が食べたいです!」との一言で会場のファンを沸かせた。

 

F.CUZ

 

“Never Let You GO-Club remix-”、“Luv Holic”を日本語で歌唱、6月にリリースした日本3rdシングルのバラード曲“Drawing Heart”でしっとり聴かせるなど、様々な魅力でファンを魅了するF.CUZ。

また8月に韓国でリリースしたデジタルシングル“Dreaming i”も披露するなど全10曲を届けた。

 

DALMATIAN

 

デビュー曲“Round 1”と“Love cop”の2曲を届けたDALMATIANは「ボーカルとラップを担当しているSIMONです。皆さんお久しぶり~!」
「今晩は。DALMATIANのボーカル、マンネのDAMIELです。」
「DALMATIANのJISUです。僕はピアノを弾くことと、曲を作るのが好きです。どうぞよろしくお願いします。」
「DALMATIANのYOUNG WONです。こうして皆さんにお会いできてとても嬉しいです。」
「僕はDALMATIANのリーダー・INATIです。今日のコンサートが決まった時から皆さんにお会いできるのを楽しみにしていました。一緒によい思い出を作りましょう!」と日本語でそれぞれ自己紹介。

 


日本語の勉強をしているというメンバーを代表してJISUがその成果を発揮することに・・・。
「ピンポーン!メロンソーダと明太子のおにぎり どこにありますか?」とコンビニでの会話を披露する一幕に会場は爆笑!
会場の大歓声に「すごいですね。」と、さらに「盛り上がって下さった皆さんにプレゼントを用意しました。皆さんチキン好きですか?」とタオルで作ったチキンをファンに見せるなど、お茶目なところを見せたJISU。
しかし、“Hurt Me”、“Drive”といったバラード曲ではその美しい声を聴かせ、ファンを酔わせた。
2ndミニアルバム『State of Emergency』のタイトル曲“E.R”では愛する人を失った苦しさを切々と歌うなどDALMATIAN は全10曲を歌い上げた。

ライブ中盤には各グループのメンバーのサイン入りTシャツが当たる抽選会も準備され、F.CUZとDALMATIANの総勢10人に寄るBIGBANの“Fantastic Baby”やDJ DOCの“I’m a guy like this”といった圧巻のコラボパフォーマンスで会場を一つにし、熱狂させた
リーダー・INATIは「今日のライブ、皆さんが盛り上がってくれて僕たちも楽しい公演ができました。」と挨拶、DAMIELも「F.CUZと一緒にライブできて嬉しかったです。皆さん、F.CUZとDALMATIANを愛してくれてありがとうございます。でも、もっと嬉しいのは皆さんがK-POPを愛してくれていることです。」とメッセージを送った。


F.CUZのKANは「今日の公演が(日本では)今年最後になります。来年も頑張ります。『皆さんの傍に僕たちF.CUZがいつもいるよ!』と言葉を残し、YEJUNも「今日はたくさん応援してくれてありがとうございます。皆さんがいるから僕たちも本当に楽しかったです。幸せな1年でした。」と感謝の言葉を伝えた。
「カリスマリーダー・JINONです。今日は本当にありがとうございました。来年は皆さんの為に幸せな

2012.12.12

blank