チャン・グンソク、「THE CRISHOW Ⅱ」追加公演も大盛況!!

 

今年7月7日から始まったソウルから、横浜、上海、台湾、大阪、名古屋、福岡、シンセンまで、8都市12回の公演で、11万人以上のファンを熱狂させたチャン・グンソクのアジアツアー、『2012 JANG KEUN SUK ASIATOUR THE CRISHOW Ⅱ』の追加公演が、11月26、27、29日のさいたまスーパーアリーナにて行われ、ついにFINALを迎えた。

 

チャン・グンソク

福岡までの日本公演が即日完売したことを受け、急きょ決定した追加公演。前日の雨天と打ってかわって、すっきりとした晴天になった27日の公演の会場は、開演前から全国から駆け付けたファンの熱気で包まれていた。

 

会場が暗転し、会場いっぱいに白色のペンライトが光ると、スクリーンにはサーカス会場のマジシャンに扮したチャン・グンソク写し出された。そして、ステージ中央が開かれると、本物のグンソクが登場!「200miles」でショーがスタートし、会場は早くもヒートアップ。

 

まずは、「あ~、かば焼きが食べたい!」と一言。「ここはどこ?さいたまアリーナ?違う違う。ここは、うなぎ(ファン)だけのためにオレが作ったマジックワールドだよ!今夜も遊ぼう!」と言って、グンソクワールドへいざなった。

 

“大人のための遊園地”をコンセプトに構成されたライブは、すべて構成や演出などチャン・グンソクがプロデュースしたもの。「Let me cry」「Stay」と続き、妖艶なグンソクを披露。「今日はすごく天気が良くてビックリした。でも、埼玉は雨が降るかも。」と言って幻想的な映像とともに「Rain」を熱唱。「Bye Bye Bye」では、クレーンに乗り高い位置まで上がり2階3階席の近づき、大歓声があがった。

 

遊園地のエリアが変わり、スクリーンにはバンパイアと化したグンソクが映し出され、ダンサーの持つ御神輿の台座に乗って登場。「Crazy Crazy Crazy」の曲がかかると、ファンたちはこの曲のテーマカラーのパープルのペンライトに持ちかえ、会場が紫一色に!まさに会場が一つになって作り上げたショーの瞬間だった。

続いて、大観覧車の映像が映ると、一人の少年が・・・。優しく抱きしめるグンソク。「Hello Hello」「Oh my Darling」とパフォーマンスし、そのキュートなグンちゃんにファンは目は釘づけ。「グンちゃんかわいい~」と言う声が会場のあちこちから聞こえた。

「25才・・・。まだ若いよね。」と言って照れるしぐさも可愛い。「1年前のアリーナツアーで、『人気というものはバブルみたいなものだと思います。」と言いました。自分のやりたいことをやるのが、チャン・グンソク。以前、バレンタインデーの時に行ったウナギたちとのパーティ。おじいちゃんやお婆ちゃんになっても、チョコや飴をあげたり・・・ずっとそんな風に出来るかな?オレがおじいちゃんになっても、みんな一緒にいてくれる?演歌でコンサートやっても面白いかもね。」と語ると、会場から「頑張って!」「出来るよ~!」と応援の声が返ってきた。

 

チャン・

アコースティックギターの弾き語りで「In my dream」をしっとりと聴かせ、「Tomorrow」と続け、再び白の燕尾服をまとって登場。「守護星」「I Will Promise You」と甘い声を届け、「舞台の上に立つと、あっという間に時間が過ぎてしまうね。今週でCRISHOWⅡが最後だと思うと寂しい。来年もCRISHOWが出来るように、色々考えています。『CRISHOWⅢ』というタイトルで、また日本に来るから楽しみにしていて下さい!」と明かすと、会場からは割れんばかりの拍手と歓声があがった。

 

「今年も本当にありがとう!デビューして20周年、たくさんのウナギのパワーをもらいました。いつまでもみんな頑張って!オレも頑張るから!」と感謝の言葉を伝え、「ウナギたちは、My Precious」と語り、ドラマ『メリーは外泊中』のOST『My Precious』を心を込めて歌った。

エンディングの「一緒につくったメロディ」は、ファンと一緒に熱唱。すると、ファンたちは一斉に『We are with you 20 th WE ARE TEAM JANG KEUN SUK』と書かれた色とりどりの風船を手にして、大きく振った。ファンたちからのサプライズのお祝いに、グンソクも大感激。「ありがとう!!」と大きな声で叫び最高の笑顔を見せた。

 

アンコールでは、ビックブラザーも登場し、TEAM Hで「GOTTA GETCHA」「SHEKE IT」で大いに盛り上がり、クラブと化した会場のボルテージが最高潮になったまま全20曲、3時間近くに及ぶショーの幕は閉じた。

最後の最後まで、客席のファンに挨拶し投げキッスを飛ばし、なごり惜しそうにしていたグンソク。最高のSHOWで2012年を締めくくったチャン・グンソクの来年の活躍にも大いに期待がかかる。

 

取材Korepo: report kimura

 

写真提供:©フラウ・インターナショナル

主催:㈱フラウ・インターナショナル

2012.11.29

blank