『韓流エキサイティング・エンタテインメント・フェスティバルin東京ドーム 2012』CNBLUEカン・ミンヒョク初参加!!BEAST、MY NAMEも応援!!

 

 

韓国芸能界のトップスターたちが所属する野球チーム「PLAYBOYS(プレイボーイズ)」と、プロ野球OBオールスターとの、第3回アスリートジャパン WinWin!水素水 Presents「韓流エキサイティング・エンタテイメント・フェスティバル in 東京ドーム2012~東日本大震災チャリティゲーム」が11月24日(土)東京ドームで開催。

 

第3回アスリートジャパン

俳優キム・スンウ率いる韓流野球ドリームチーム「PLAYBOYS」が山田久志監督率いる日本プロ野球OBチームと熱戦を繰り広げた。

今回で第3回目を迎えた日韓の友好と友情を育むことを目的とするこのチャリティーイベントは、野球の試合のほか、韓国最高の人気を誇るBEASTと人気急上昇中のMYNAMEを迎え「K-POP Artist LIVE」をあわせて開催し、韓流ファンにとっては必見のイベントとなった。

 

第3回アスリートジャパン

試合前には「PLAYBOYS」による募金活動が行われ、キム・スンウをはじめ、チ・ジニ、イ・テソン、オ・マンソク、アン・ギルガン、コン・ヒョンジンといったドラマでお馴染みの俳優に加え、新たに入団した人気絶頂のバンドCNBLUE のカン・ミンヒョクも参加した。

第3回アスリートジャパン

 

「K-POP ArtistLIVE」がスタート。

 

最初は特別ゲストとして、元U-KISSリーダーでSS501キム・ヒョンジュン(マンネ)の弟で知られるアレン・キボムが登場し、日本デビュー曲「Dream」を披露した。

続いてBEASTが登場すると、大歓声が東京ドームに響き渡った。

「K-POP Artist

「Special」「ピガオヌンナレ」を続けて歌い、「コンサートを終えて1か月ぶりに日本に来ましたが、1か月の間、皆さん僕たちに会いたかったですか?」と挨拶。

そして、「残念ながら僕らのリーダー・ドゥジュンが来られなかったことをあらためてお詫びします。

僕たち5人で一生懸命に歌って素敵なパフォーマンスを見せますので、今日来ていないドゥジュンの場所をみなさんで埋めてください。お願いします!」と、温かい声援と大きな拍手を受けた。

「SHOCK」「美しい夜だ」を披露し、客席もヒートアップ。「こんなに大きなところで、みなさんに楽しさを与えられるということが、すごく嬉しいです。またいつか、僕たちがこの東京ドームで単独コンサートをできたらいいなと思います。その時、みなさん来てくれますよね?」との問いかけにスタンドは大きな声援で応えた。

また、後に行われる試合について「勝敗に関わらず、両チームすべての選手たちが怪我をすることなく、無事に試合を終えられるよう、みなさん応援をお願いします」とエールを送った。

「最後に僕たちも1曲歌って応援にかえさせていただきます」と大ヒット曲「Fiction」のイントロが流れると同時に大コールが起こり、会場のボルテージも最高潮に!息の合ったダンスと歌の素晴らしいパフォーマンスで観客を魅了し東京ドーム7はライブ会場さながらの熱気溢れた盛り上がりとなった。

MYNAME

2組目 5人のボーイズグループ「MYNAME」が大歓声に迎えられ登場すると日本デビュー曲「Message」を歌い、勢いのあるパワフルなステージを見せた。「夢は東京ドームで単独コンサートをすることです。今日は出演できて本当に嬉しいです。感謝しています!」とステージに立てた喜びを語った。

2ndシングル「What’s up」で爽やかでポップなナンバーでキュートなダンスを見せ、バラード曲「Hello&Goodbye」ではその歌声をしっかりと聞かせるなど、MYNAMEの多彩な魅力を披露した。

歌の合間には、今、ハマっているという「拍手の合間に短い日本語を話す」ゲームをファンと一緒にして盛り上げ、最後の「SUMMER PARTY」では客席との一体感が高まるなか、熱いパフォーマンスを見せた。

そして最後はメンバーが客席の近くまで行き感謝の気持ちを伝え、全員で正座してお辞儀をするなどパフォーマンス見せ、会場から大歓声を受けた。

いよいよ試合開始。最初はオープニングセレモニーとして、国歌独唱が行われ、今年の大韓民国国歌独唱はBEASTのイ・ギグァンが務めた。

スーツ姿のギグァンが登場すると会場には再び大歓声が。

キム・スンウとハグをしてからマイクの前に立ち、やや緊張しながらも見事に歌い切り、会場からは大拍手を浴びた。

始球式のピッチャーは多賀城ニュー・パワーズの山川颯太くんが、バッターは張本勲大会名誉会長が務めた。

大歓声のなか、いよいよプレイボール!

先攻は日本プロ野球OBチームで、PLAYBOYSの先発ピッチャーはイ・テソン。

低目のするどい投球で、見事に1回表を三者凡退で抑えた。

裏のPLAYBOYSの攻撃ではチ・ジニがセンター前にクリーンヒットを放ち、先制の1点を獲得した。 しかし、4回表に日本チーム・立浪がレフト前にヒットを放ち2塁に出ると、続く駒田がホームランを打ち、2点を入れて逆転した。

PLAYBOYSはイ・テソンが初回から投げ続け、途中、惜しくも点を取られたが、その後8回表まで無失点で見事に抑えきった。最終攻撃では、ピンチヒッターにカン・ミンヒョクが登場!沸き起こる大歓声のなかバッターボックスに立つカン・ミンヒョク。

しかし残念ながら初球のコントールが狂いデッドボールに!ミンヒョクの活躍が見られず、会場からもため息が。 そして、PLAYBOYSの粘りもむなしくゲームセット。

日本チーム-PLAYBOYS6-5でPLAYBOYSの惜敗という結果で試合終了となった。

 

終了後の表彰式では、各チーム優秀投手賞は、ギャオス内藤、イ・テソン。各チーム猛打賞は立浪、キム・スンウ。各チームMVPは、駒田、キム・ジニルに贈られた。 そして最優秀MVPは、見事に9回を投げ切ったイ・テソン。「みなさんが大きな声と大きな拍手でずっと応援してくださって、最後まで力をもらうことがで

2012.11.29

blank