ソンジュン日本公式ファンクラブ結成来日記者会見&ファンミーティング開催!!

10月28日、東京・お台場Zepp Diver Cityにて、最旬のイケメンキャストが贈る胸キュンラブビートドラマ「美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート」にて、リーダージヒョクを演じ、存在感のある演技を披露したソンジュンの日本公式ファンクラブ結成と、「美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート」レンタル&発売を記念して、記者会見及びファンミーティングを開催した。

ソンジュン

パリコレモデル出身の9頭身のすらりとした長身で爽やかに登場したソンジュンは、やや緊張の面持ちで会見に登場!
「みなさんこんにちは、ソンジュンです。お会い出来てとても嬉しいです。」とキラキラと輝く瞳と笑顔で挨拶をして会見がスタートした。

 

Q:「美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート」DVD発売と日本公式ファンクラブを結成し来日した今の気持ちは?

ソンジュン:今とても緊張しています。韓国ではファンミーティングをやったことはありますが、日本では初めてで期待もしていますが、緊張もしています。

 

Q:ドラマの中での“眼球浄化”というバンド名についてどう思いましたか?

ソンジュン:最初に“眼球浄化”という名前を聞いたときは少しプレッシャーを感じました。でも台本を読んで、ドラマの内容が面白いなと思いましたし、この名前も悪くないと思いました。何度も聞いているうちに耳慣れてきました。

 

Q実際に撮影中もドラマのようにじゃれたりしていたのですか?

ソンジュン:“眼球浄化”のメンバーの年齢の違いはほんの少しだけで、ほぼ同年代とも言えるそんなメンバーだったので、本当の友達のように過ごすことができました。でも撮影現場はちょっと大変でした。スケジュールも忙しかったし、とても寒かったからです。休みの時間があっても一緒に遊ぶことができずに、睡眠不足でしたのでそういう時間も寝るのにあてていました。

 

ソンジュン

Q:共演者のイ・ミンギさんが演じるビョンスの暴走をソンジュンさん演じるジソクが止めるという古女房的な感じがしたのですが、イ・ミンギさんと共演していかがでしたか?

ソンジュン:古女房というような感じではなかったですね。あのように暴走をとめたのはビョンスという友達を考えての気持ちが表れて演技をしたと思います。ミンギさんは先輩としてこういう風に演技をしろということはなかったので、現場でも友人のように過ごすことができ、ドラマも仕上がりの良いものが出来たのだと思います。リラックスして臨むことができましたし、プレッシャーもなかったです。本当にドラマの瞬間を生きることができました。

 

Q:ソンジュンさんから見て、ジヒョクのような男性をどう思いますか?

ソンジュン:ジヒョクという人物はまず羨ましいと思います。たくさんの才能に溢れている人物だからです。ドラマの中でやはり一番かっこいい姿というのはステージの上に立っている姿だったと思うのですが、自分がやるべきことをうまくかっこよくできる人が素敵な人だと思います。

 

Q:ソンジュンさんとジヒョクの似ている部分はありますか?

ソンジュン:自分自身も好きなことができると集中して熱中してしまいます。ほかのことは考えなくなってしまう、そういう一面があるのですが、そういうところが似ている部分だと思います。

 

Q:ドラマの中での演奏についての周りの反応はいかがですか?

ソンジュン:良いと喜んでくれた訳ですが、自分はプロではなくてアマですので、本当の仲の良い友達はなんであんなに下手なんだという、厳しい一言を言われました(笑)

 

ソンジュン

Q:これから始まるファンミーティングへの意気込みは?

ソンジュン:僕はもともと性格が明るい方ではないのですが、イベントの時は明るくしなければいけないと思っています。とても緊張していましてどうしたらよいかわからないくらいですけれども頑張りたいと思います。

 

~ここから記者質問~
Q:日本に何度も来日していてお気に入りの場所や好きな食べ物について教えてください。

ソンジュン:好きな食べ物はお寿司で、本当に大好きです。好きな場所は新宿や銀座。若い人がたくさんいるような通りも好きです。新宿御苑も・・・。

 

Q:新宿御苑のどんなところが好ですか?

ソンジュ:韓国では都市の真ん中で、あのような公園はありません。綺麗だと思いましたし中の池もきれいだと思います。

 

Q:作品選びについてと今後演じてみたい役は?

ソンジュン:作品選びは台本をきちんと読み込んで、この作品が自分にとってやることができるか深く考えて予想したりしますね。読んだ結果自分がこの人物として生きていきたいと思ったとき、こちらからアピールできると思っています。特に具体的な物はないですが、例えば銃を撃つような役ですとか、刀を振り回すようなそういう男らしい作品をやってみたいと思っています。

 

Q:好きな彼女にギターを引いてあげることは実際にはありますか?音楽でのお気に入りは?

ソンジュン:アメリカの歌手で「フランクオーシャン」が好きで、実際に弾いてあげたこともありました。(笑)

 

ソンジュン

Q:インフィニットのエルさんやほかの共演者との連絡はとっていますか?

ソンジュン:エルくんはとても人気者なので、僕の方から連絡するのは気が引けて・・・。 エルくんから電話が入ったこともありますが、僕が忙しかったのでゆっくりとおしゃべりすることができませんでした。ギョンジョン役のミンソクくんは面倒くさいくらい連絡がきます(笑)

 

Q:最後に日本のファンのみなさんへメッセージをお願いします。

ソンジュン:日本には今回はファンミーティングということで来ましたが、これからも皆さんのご関心と応援をよろしくお願いします。これからも一生懸命努力する俳優ソンジュンになろうと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。

 

続いてフォトセッションが行われ、モデル出身だけあって、カメラの前で様々なポーズで自分を表現し、イケメンぶりを発揮した終始和やかな会見は終了した。

 
ソンジュン

この後ファンミーティングが開催され、ドラマの挿入歌「wake up」の他4曲を披露し会場のファンを魅了。また質問コーナーや似顔絵コーナー、モデル体験コーナーでは抽選で選ばれたファンと共に楽しんだ。
 
プレゼントコーナーではソンジュンが韓国で直接選んだという数々の品物がプレゼントされた。そして最後にファンへの手紙を読み上げて感謝の気持ちを表し、ファンからも大声援が送られた。
 
ファンミーティングの最後にはファンクラブ会員との握手会も行なわれ、ファンにとっては忘れられないスペシャルなイベントとなった。
 
韓国ではJTBC月火ドラマ『私たち、結婚できるだろうか』の主役を演じ、29日には第一話も放送され、俳優としても更に活躍が期待されている。

 

 
『美男<イケメン>バンド ~キミに届けるピュアビート』 DVD
12月5日 TSUTAYAでのみレンタル開始

12月26日 DVD-BOX1&2各¥16,800(税込)

発売・レンタル販売元:カルチュア・パブリッシャーズ

セル販売元:TCエンタテインメントⓒ CJ E&M CORPORATION, all rights reserved

ソンジュンジャパンオフィシャルファンクラブサイト http://www.sung-jun.jp/

 

『美男<イケメン>バンド ~キミに届けるピュアビート』  『美男<イケメン>バンド ~キミに届けるピュアビート』 

 

取材 Korepo:photo ham(会見)/report uthuno

2012.10.30

blank