俳優チュウォン、"SFジャンルへの関心と、ソフトなキャラクターをしたかった"

article-1

俳優チュウォンが、SFジャンルに関心を見せた。
チュウォンは、19日午後2時にソウル竜山(ヨンサン)区にあるCGV竜山で開催された映画「特勤」のマスコミ試写会で、「今回は、キャラクターよりは作品に対する関心が大きかったです」と言った。
彼は続いて「監督にお目にかかりたかったときが、SFジャンルに最高に関心がある時でした。SFのメイキングフィルムをずっと見ていて、してみたいと思っていたときに出会えました」と説明した。


またチュウォンは、「キャラクターは、あまり考えなくていいものをしたかったです。先輩がとてもリードしてくださって、軽く走ることができるキャラクターがとても良かったです」と語った。
チュウォンは、映画「特勤」で怪獣を捕まえる1級国家秘密組織の熱血の新米キウン役に扮した。
映画「特勤」は、怪生命体が占領した大韓民国と、特殊要員の反撃と死闘を描いたSF追撃アクションブロックバスターだ。

俳優キム・サンジュン、キム・ガンウ、チュウォン、イ・ユヨンなどが出演して、21日にポータルサイトNAVER TV キャストで午前8時に公開される。

2016.10.19

blank