「イベントレポ」俳優チ・チャンウク、野外でのファンミーティング、歴史的な超密着のファンへの愛

article-2

俳優チ・チャンウクが、歴史的なファンへの愛を公開した。漢江公園の夜、フライドチキンとともにしたファンミーティングということ自体も前例がないが、チ・チャンウクの「超密着」のファンサービスはもっと強烈だった。
15日午後6時に、ソウル麻浦(マポ)区にある漢江公園の芝生広場で、チ・チャンウクファンミーティング「JI CHANG WOOK 3D」が開催された。

秋の香りが漂う野外ファンミーティングは、一味違っていた。約2000人のファンは、テーブルに集まってチキンとビールやコーラを前に、ファンミーティングをパーティーのように楽しんだ。デリシャス(Delicious)、ディライト(Delight)、ダイナミック(Dynamic)を意味する「3D」。このファンミーティングは、まるでチ・チャンウクと一緒に秋の外出に出かけたような気分を感じることができた。

article

この日のファンミーティングでは、これまで韓国ファンが見ることができなかった海外コンサートの映像が上映された。核心は、チ・チャンウクとの超密着イベントだということだった。チ・チャンウクは、ステージから自ら芝生に降りていって、ファンが座ったテーブルの近くを歩き回りながらファンへの愛を表現した。即席での抽選を通じてファンと通話したり、気楽にファンと一緒に「セルカ」を撮ったり、特別な親近感を公開した。そしてチ・チャンウクは、ファンミーティングの現場で、ファンと一緒にtvNの金土ドラマ「THE K2」の本放送を視聴した。(2ページに続く)

2016.10.15

blank