イ・ジュンギとEXOベクヒョン&Z.HERA夫婦の正面対立..運命に逆らうことができるか

cid_ii_157c6ea77cae524b

「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」イ・ジュンギが弟の「EXOベクヒョン&Z.HERA」夫婦と正面対立をしている衝撃的な姿が公開されてオンラインを騒がせている。新しい皇帝に即位したホン・ジョンヒョンの「血の粛清」対象1号である彼らがどんな運命を迎えるのか、皇帝の星を持って生まれたイ・ジュンギはこれらを粛清する悲劇的な運命から抜け出せるのか関心が集まっている。

15日、SBS月火ドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」(チョ・ユニョン脚本/キム・ギュテ演出)側は、今月17-18日に放送される16-17話に先立ち第10皇子ワン・ウン(EXOベクヒョン)夫婦が皇軍と正面対立する姿の中に、第4皇子ワン・ソ(イ・ジュンギ)がこの事件にかかわっているスチールを公開して関心を誘っている。

前回の放送で惠宗(ヘジョン)(キム・サノ)を死に追いやり新しい皇帝定宗(チョンジョン)として即位した第3皇子ワン・ヨウ(ホン・ジョンヒョン)は、自身の謀反を正当化させるために恐怖の政治を行った。「血の粛清」の対象をワン・ギュに定めて3代を滅ぼし、彼の外孫である第10皇子ワン・ウンと彼の夫人スンドク(Z.HERA)まで粛清の対象に含まれて衝撃を与えた。

特に定宗(チョンジョン)はヘス(IU)をおとりにして、邪魔な第4皇子ワン・ソに第10皇子ワン・ウンを捕らえろと命令した状況だ。15話の放送では隠れていた第10皇子ワン・ウンは夫婦が耽羅国(今の済州島)に向かって出発しようとした瞬間、皇軍に発覚され放送が終わり、関心を増幅させた。

今回公開されたスチールの中には、第4皇子ワン・ソが定宗(チョンジョン)無理な命令にひざまずいている姿と、皇郡に囲まれた第10皇子ワン・ウン夫婦の危機の瞬間が捉えられ、涙ぐんだ第4皇子ワン・ソと第10皇子ワン・ウンの悲しい対面が描かれて注目された。

制作スタッフによれば、定宗(チョンジョン)は絶えず第4皇子ワン・ソに血も涙もない残酷な命令を下し、このため悲劇的に再開する第4皇子ワン・ソと第10皇子ワン・ウンの姿が公開される予定だ。特にヘスが見た第4皇子ワン・ソの未来の中には、第10皇子ワン・ウンを刀で切る悲劇的な運命が予告されたことがある。彼らにどんなことが起こったのか、どんな運命を迎えることになるのかとても気がかりなところだ。

「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」側は「16-17話では皇権を巡る皇子の悲劇的な運命とストーリーが頂点に達しお茶の間を涙させる予定です。第4皇子ワン・ソを始めとする人物の運命と彼らの選択を集中して見て下さればうれしいです」として「クライマックスを迎える『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』にさらなく関心と応援お願いします」と伝えた。

2016.10.15

blank