キム・ヒョンジュン(リダ)来日!ファン1万人とメモリアルイベント開催!Ⅰ

 

今年1月、日本で歌手デビュー、アーティストとしても人気を集めている韓国のトップスター、キム・ヒョンジュン(リダ)が10月4日(木)、東京・武道館にてプロモーションイベント『“HENECIA JAPAN”1周年記念ドラマ「都市征伐(原題)」メモリアルイベント』を開催した。
ドラマ「都市征伐」は韓国で1,000万部を 売り上げた大人気連載中の同名漫画をドラマ化したもので、幼い頃、自分と母を捨てた父のことを恨みながら成長した主人公が社会の絶対悪に復讐していく物語。

 

『“HENECIA JAPAN”1周年記念ドラマ「都市征伐(原題)」メモリアルイベント』
父親役には実力派俳優のキム・スンウ、ライバル役には『私の心が聞こえる?』のナムグン・ミンと豪華出演者が勢揃いする。

会場に響く「リダ!」の呼びかけで主演のキム・ヒョンジュンが登場すると大歓声が上がり、熱い歓迎を受けた。

「今晩は都市征伐のペク・ミル役のリダ・キムヒョンジュンです。」と挨拶、「3年ぶりに武道館のステージに立ちましたが、前回よりもたくさんのファン方が集まって頂いたような気がします。

武道館と言えばアーティストにとって、一度は立ちたいと思う舞台ですよね。そんな舞台に早い時期に立つことができ、今日は歌手としてではなく、俳優として立ったわけですがとても光栄です。」と感慨深く語った。

またオフシャルファンクラブ「HENECIA JAPAN」発足1周年に触れ「みんな!おめでとう!」とファンへ祝福の言葉を送り、「1周年おめでとうございます。1周年といわず100才まで、お互いのことを思い合い、僕は良い演技と良い歌を、皆さんは良い食べ物と良いお薬を飲んで元気にずっと過ごし、100周年まで一緒にお祝いしたいですね(笑)。」と彼らしいコメントで会場を和ませた。

 

彼の「みなさん。どうぞ!」の掛け声で世界に先駆け、本邦初公開となるドラマ『都市征伐』スペシャルダイジェスト映像の上映がスタートした。

 

『“HENECIA JAPAN”1周年記念ドラマ「都市征伐(原題)」メモリアルイベント』
大きなスクリーンで見る迫力の映像に感動冷めやらぬ会場にキム・ヒョンジュンがヒロインのチョン・ユミ、ヤン・ユンホ監督と3人揃って登場。
「イ・ダンビ役のチョン・ユミです。みなさんお会いできて嬉しいです。」と日本語で挨拶「先ほどの映像を私も裏で見ていたのですが最後のあたり(ラブシーンの映像に)でファンの皆さんの反応が非常に激しかったので・・・怒ってないですか?」と心配する様子に「大丈夫です!・・・演技だから」と抜群のタイミングでホローするキム・ヒョンジュンに会場は爆笑。

ドラマ「IRIS - アイリス」、映画「風のファイター」「ホリデー」などの演出でも知られるヤン・ユンホ監督が「みなさん今晩は。都市征伐監督のヤン・ユンホです。」と日本語で挨拶、「私たちが生きていく中で、困難に思い、もどかしく思うことがたくさんあります。そして法律では解決できないこともあります。このドラマはミルがミルなりの方法で解決し、彼独自の正義で実現していきます。また愛を叶えるプロセスも描かれ、そういった点も重点において撮影しています。」とドラマのテーマについて語ると会場からは温かい拍手が送られた。

 

 

2012.10.05

blank