VIXXレオ、ミュージカル界の新しいブルーチップに

article

人気アイドルグループVIXXレオが、ミュージカル俳優としての足場を固めている。
VIXXレオは、2014年にミュージカル「フルハウス」に出演して新しいチャレンジをした。ミュージカル「フルハウス」でワールドスターのイ・ヨンジェ役を演じたレオは、彼の独特で爆発的な高音と、安定した演技を公開した。
特にステージでシックでカリスマにあふれた姿を公開してきたレオが、「フルハウス」では最高のスターであるイ・ヨンジェに完壁に変身して神経質でがさつで高慢な面や、腕白でキュートな面など立体的なキャラクターをこなした。

「フルハウス」でミュージカル俳優として好調なデビューをしたレオは、その後2016年最高の話題作であったミュージカル「マタ・ハリ」の主人公のオーディションにチャレンジして、最高のミュージカル俳優であるソン・チャンイとオム・ギジュンと共にアルマン役にキャスティングされた。アルマンは、劇中でのマタ・ハリが愛した唯一の男で、レオは「マタ・ハリ」でより成熟したミュージカルの発声と繊細な感情ラインを公開して好評を博した。


そしてレオは、11月19日に開幕されるミュージカル「モンテ・・クリスト」にキャスティングされて、ミュージカルのブルーチップとして急浮上した。レオは「モンテ・クリスト」で、モンテ・クリスト伯爵に憧れて父親であるモンテコに決闘を申し込むという純粋で正義感のある青年アルバートを演じる予定だ。

2016.10.09

blank