B1A4 ジニョン、キム・ユジョンに向けた切ない純愛「雲が描いた月明かり」

article-1

※ネタバレになる内容が含まれています。

 

ドラマ「雲が描いた月明かり」でジニョンが、キム・ユジョンに向けて果てしない純情を見せている。
KBS 2TVの月火ドラマ「雲が描いた月明かり」で、ホン・ラオン(キム・ユジョン)が危険になるたびに喜んで手助けをしてきたキム・ユンソン(ジニョン)。ラオンに片思いをしているが、ひたすら待って気配りする姿が切なさを加えている。
ユンソンは、ラオンを助けるためにイ・ヨン(パク・ボゴム)のそばを離れるように懇願した。万が一にも、自身の言葉に負担を感じるかと心配して、「私のところに来なさいということではありません。ただ一刻も早く、あなたが無事であるように助けたいだけです」という切ない説明も付け加えた。


「私について多くを知らないほうがいいです」というラオンの忠告にも、彼女が無事に城の外に出ることができるように手助けし、誰にも分からない所に居場所まで準備した。
血統を継ぐ唯一の後継者だという重みに日々が憂鬱だったときにラオンに会って笑いを取り戻すようになったユンソンだった。ラオンの心強い助力者であり、イ・ヨンの婚礼の知らせに涙を流す彼女を黙黙と見守るユンソンの切ない純情は、果して受け入れられるのか。

2016.10.05

blank