GOT7、強烈な男の美と中毒性にあふれた「Hard Carry」をVアプリで公開

%ec%82%ac%eb%b3%b8-201609262157779627_57e91bdf9d2120

GOT7のメンバーは、このアルバムの製作にずいぶん沢山参加した。ジャクソンは、「Boom x3」を作った。ジャクソンは、「楽しい時に使う擬声語にかわる言葉に悩んでいる途中この歌を作るようになりました。愉快な時、ブームブームブームと真似してくださったら良いでしょう」と言った。

そしてジニョンは「Mayday」を作曲し、JBは3曲に参加した。マークはラップメイキングと作曲とプロデューシングと全ての分野で作業をして彼の能力を披露した。ユギョムは「No Jam」の作曲をし、ベンベンは5曲にラップメキングをした。
ベンベンがコスチュームの紹介をするところにジャクソンが、「そう」という単語を言ってしまってコスチュームの紹介ができなくなった。そしてユギョムが、自らパフォーマンスの紹介をしながらも言ってはいけない単語である「子供」を口にしてパフォーマンスの紹介もできなくなった。

Vアプリを通じてニューアルバムのタイトル曲「Hard Carry」のミュージックビデオとステージを初公開した。最後のステージの前にJBは、「僕らが一生懸命がんばるので、心配せずに待ってくいてください」と覚悟を伝えた。そしてジャクソンは、「今回のアルバムは、ほんとうに熱心に準備しましたし、今も今後もGOT7は熱心にがんばります」と心境を伝えた。
この日最初に公開されたGOT7の「Hard Carry」は、愉快なステージと男の美しさをたっぷり感じることができた。群舞とパワーにあふれたパフォーマンスを通じて今から視線を集めた。 

2016.09.27

blank