俳優ソ・イングク、砂漠を歩きながら脱水状態で倒れる「ジャングルの法則」

article-1

俳優ソ・イングクが、ジャングルで気力がつきて倒れた。
9日に放送されたSBS「ジャングルの法則 in モンゴル」では、ビョンマン族の食事に責任を持とうとして、ついに気力がつきたソ・イングクの様子が公開された。
ソ・イングクは、陰ひとつないゴビ砂漠でメンバーのために必死に走った。しかし彼は、カンカン照りと乾燥が続く残忍な砂漠での生存に気力がつきてしまい、夕方には冷や汗まで出してチームドクターの診察を受けてコンディションの調節をしなければならなかった。

ソ・イングクは、「来る前から風邪薬を飲んでいました。メンバーが心配するといけないと思って、わざと言いませんでした」と告白し、仲間はソ・イングクのために温かいお茶を沸かして夜明けの狩りに出かけた。

2016.09.09

blank