「コラム」誤解を解く!義務警察は兵役の立派な服務だ

人員不足の警察を補う存在

人員が余っている軍隊と違って、警察の場合は、慢性的な人員不足に陥っている。それを少しでも解消しているのが、実は義務警察なのである。

義務警察は、現役兵にならない兵役履行者たちの受け皿だ。4週間の新兵訓練を受けて義務警察隊員になった彼らは、交番勤務、交通整理、重要拠点の警備、デモの鎮圧などの業務に従事する。

今後は、テロの防止も重要な任務になるだろう。

こうした説明でわかるように、人員不足の警察の中で国民生活を守るために大いに貢献しているのが義務警察なのである。

さらに、各地方警察庁に所属する義務警察の広報団は、学校をまわってイジメや校内暴力を防止する啓蒙活動を行なったり、酒酔い運転の撲滅キャンペーンに加わったりしている。

確かに、兵役なのに軍隊に所属していない。それは事実だが、4週間の新兵訓練を受けているし、以後も社会に貢献する仕事を続けている。

このことがとても重要なのである。

(3ページにつづく)

 

2016.09.09

blank