アジアのプリンスチャン・クンソク『きみはペット』初日舞台挨拶に登壇!

 

“アジアのプリンス”として日本はもちろんアジアでも絶大な人気を誇る韓国の俳優チャン・グンソクと“ラブストーリーの女王”の異名をもつ韓国トップ女優キム・ハヌルがW主演した最新作映画『きみはペット』の初日舞台挨拶が行なわれ、ふたりが揃って登壇した。

1月21日(土)東京・有楽町TOHOシネマズ日劇1にて“アジアのプリンス”として日本で社会現象を巻き起こし、日本はもちろんアジアでも絶大な人気を誇る韓国の俳優チャン・グンソクと“ラブストーリーの女王”の異名をもつ韓国トップ女優キム・ハヌルがW主演した最新作映画『きみはペット』の初日舞台挨拶が行なわれ、ふたりが揃って登壇した。

『きみはペット』同作は2003年日本でテレビドラマ化され話題となった小川彌生原作の人気コミックを映画化したもので、失恋と左遷で失意のどん底にいたキャリアウーマン、チ・ウニ(キム・ハヌル)と、彼女の従順なペット“モモ”として同居する宿なし、金なしのダンサー、カン・イノ(チャン・グンソク)との奇妙な共同生活を描いたラブコメディ。たくさんのフラッシュと大きな歓声に迎えられ、キム・ハヌルとチャン・グンソクが舞台に登場。

キム・ハヌルは「皆さんにお会いできて本当に嬉しいです。公開初日にたくさんの方が来て下さり、本当に!本当に!本当に!嬉しいです。皆さん楽しんでいってください」と最上級の喜びを表した。傷心のアラサーエリートキャリアウーマン、チ・ウニ役を演じたキム・ハヌルは「まず年齢と仕事をしている点は私と同じですね。チ・ウニは一生懸命頑張って仕事をしているのですが外見で誤解されたりします。一所懸命仕事をしていても良い姿だけ見せられるとは限りません。本当は悩みを抱えていたり、誰かに頼りたいと思うことがあるんです。そういうところは自分と似ているかなと思いました。」と自身との共通点を述べた。
『きみはペット』 『きみはペット』
続いて「こんにちは。チャン・グンソクです」と彼の生の第一声に会場は大興奮状態に、「少し前まで緊張してブルブル(震えて)していましたが日本で初めてオープン(公開)するのですごく気持ちがいいです」と今の心境を明かし、「今まで記者会見とかコンサートで挨拶したんですが、映画館で皆さんと一緒にいると・・・本物の俳優になった気持ちです」と謙遜したコメントに客席から大きな拍手が送られた。

『きみはペット』
「本物の俳優ですよ~」とMCからの突っ込みに「忘れちゃった~(笑)」と照れるチャン・グンソクに再び拍手が。“アジアのプリンス”と呼ばれる彼が“ペット役”での出演理由を尋ねられると「正直お金がなかったんですよ(笑)・・・しょうがなかったんですよ」とのチャン・グンソクのお茶目な答えに報道陣も思わず爆笑。実際に(キム・ハヌルの)ペットになったら何をしてあげる?と聞かれたチャン・グンソクは「ハグをしてあげたい!そして・・・色々なことをしてあげたい(笑)」と話すと女性ファンから羨む声が上がった。

チャン・グンソクの言葉を受けたキム・ハヌルは「気分がいい時は嬉しいと思いますが・・・気分がノラないときはイマイチかな」とチ・ウニそのままの“ご主人様”発言。さらに「劇中チャン・グンソクさんを弟と間違えてお尻を叩くシーンがあったんです。撮影初めでまだ親しくなかったので叩きにくいなと思っていたんですがチャン・グンソクさんが“大丈夫だよ。叩くだけじゃなくて揉んでもいいよ”と言って下さり、無事撮影することができました(笑)」と撮影のエピソードも紹介した。なんで揉んでもいいよと言ったの?とのMCの質問にチャン・グンソクは「お金が必要だったから(笑)」とまたもやMC泣かせのお茶目なジョークで会場を沸かした。

『きみはペット』
最後に韓国の旧正月(1月23日)にちなんだ書き初めも披露した二人。今年の抱負をキム・ハヌルは「きみはペット』が日本で公開されて嬉しいです。観客を500万人くらい動員して、私がビックリして気絶したらいいなと思って、『気絶』と書きました。(笑)と大ヒットの願い込めて書いたと明かした。

最近友達とのメールでもよく使っているという文字『笑www』を披露したチャン・グンソクは「仕事の時や疲れた時でもずっと笑いながら、笑顔でいれば何事も楽しくできると言い。この映画を見て笑顔になってほしいとアピールすると会場からは賞賛の拍手が送られた。終始通訳なしで受け答えするチャン・グンソクの日本語の上達ぶりには目を見張るものがあり、会場を埋め尽くしたウナギ(ファン)ちゃんたちの熱い応援に、ピースサインや投げキッスなど彼らしいファンサービスで応える姿も印象的だった。

*映画『きみはペット』1月21日より全国大ヒット公開中!

 

 

 

2012.01.22

blank