ドラマ「雲が描いた」パク・ボゴム、キム・ユジョンが男であることを確認

kurumi

※ネタバレになる内容が含まれています。

6日に放送されたKBSドラマ「雲が描いた月明かり」では、ヨン(パク・ボゴム)がラオン(キム・ユジョン)のこれまでの行動や言葉などを考えて女が好きな男であると判断する様子が描かれた。

ラオンは、ユンソン(ジニョン(B1A4))と妓生のいる店に行ったが、その姿を見たヨンはなぜか嫉妬やねたみを感じた。

翌日までそんな気分が続いたヨンは、ラオンの誘いの手を振り切って「妓生のいる店へのお出かけは楽しかったかい?」と言った。

しかし「私がしばし忘れていたようだ。お前が男だということを。昨夜の私が言ったことは気にしないでくれ」と、これ以上ラオンを女だと勘違いすることはないと約束した。

WOW!korea提供

2016.09.07

blank