ZE:Aヒョンシク、"正義感のある花郎役にすっかりはまった"

201609011613776325_57c7d8615dd87

人気アイドルグループZE:Aパク・ヒョンシクが、「花郎」のキャラクターにすっかりはまったと語った。
ヒョンシクは、1日に公開された「CAMPUS CINE21」のグラビアとインタビューを通じて2016年下半期に放映予定のドラマ「花郎(ファラン):ザ・ビギニング」の撮影の感想と「午後の甘い休息」というコンセプトのグラビアで久しぶりに近況を伝えた。

201609011613776325_57c7d85f36b37

公開されたグラビアのヒョンシクは、女性のロマンである白いシャツとニット、スリープウェアなど多彩なスタイルをかっこよく着こなした。特に高品格ティラミスアイスクリームブランド 「キス・ザ・ティラミス」 と行ったこのグラビアでは、アイスクリームとよく似合ったやわらかくて甘いまなざしと優しいビジュアルをアピールした。
2015年に多数の作品で忙しい日々を送ったヒョンシクは、今年はミュージカル「三銃士」の公演を終えて現在ドラマ「花郎(ファラン):ザ・ビギニング」の撮影に集中している。

201609011613776325_57c7d86027d16

ヒョンシクはインタビューで「『花郎(ファラン):ザ・ビギニング』の撮影現場は同い年が多くてとても楽しいです。特に今回演じる三麥宗(サムメクジョン、真興王:新羅の第24代の王)役は野心と正義感のある花郎の役でキャラクターの魅力にすっかりはまりました。蒸し暑い天気の中、沢山のスタッフの方々と俳優の方々が本当に苦労されました」と撮影の感想を伝えた。

201609011613776325_57c7d85de93b7

2016.09.01

blank