「イベントレポ」 イ・ジェジン(from FTISLAND) 1st Solo Fan Meeting in Japan -眞様(JIN SUMMER)-

3

韓国デビュー10周年を来年に控えるロックバンドFTISLANDのベース&ボーカル、イ・ジェジンが『イ・ジェジン (from FTISLAND) 1st Solo Fan Meeting in Japan -眞様(JIN SUMMER)-』を開催。8月28日(日)、中野サンプラザにて昼夜の公演を通して約4400人のファンとともに、楽しい夏の思い出を作り上げた。

「一番伝えたいことを、最初に見せたかった」という本人の思いから、公演はキーボード、ドラム、ベース、ギター、サックスで構成されたバンドを従えてのライブパフォーマンスから始まった。オープニングを飾った曲は、2009年に発表されたイ・ジェジン、チェ・ミンファン(Dr)、チェ・ジョンフン(Gt, Key)からなるユニット“FT.triple”の「Love Letter」と「Far away」。のっけから懐かしい楽曲で会場を歓喜させたが、その選曲の裏には「僕がメインボーカルとして参加した意味の深い曲を、“初”のソロファンミーティングで歌いたかった」という強い思いが込められていた。

4

続いて「いつもならベースをやってくださっている方の場所にいる僕が、ステージのセンターに立っているのが少し不安で恥ずかしい」と優しい目を細めて語るなど緊張している様子を見せながら、My Little Loverの「Hello Again ~昔からある場所~」、寝る前に何度も聞き込んだといういきものがかりの「SAKURA」、ブライアン・マックナイトの「Back at One」を歌唱。目を瞑りながら全身全霊で切々と歌い上げ る姿と、力強くも優しい歌声が、聴き入るオーディエンスの胸を打った。

ラストソングとなったのは、韓国内で80年代を代表するロックバンドの一つに数えられるドゥルグクファ (野菊)の名曲「心配しないで、あなた」。幾つもの変化があったという 近年、「何を伝えるアーティストになりたいのか」を考えるようになったと話すジェジンに「手紙のように丁寧に、愛を込めて感情を伝えていく」という明確な目標を与え、「アーティスト、そして、人として自分が生きていく上での“核”となるものを決定付けてくれた」というほど大きな影響を及ぼした曲が、伝えたいメッセージを大切にして展開されたライブの最後に添えられた。(2ページに続く)

2016.08.30

blank