EXOベクヒョン、"キム・ギュテ監督が怖くないかと心配だった"

201608241540775689_57bd41a4df09c

初の正統ドラマの演技にチャレンジしたEXOベクヒョンが、キム・ギュテ監督に対して、「怖くないか心配しました」と言った。
ベクヒョンは、24日に行なわれたSBSの「月の恋人-歩歩驚心:麗」(邦題「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」)の製作発表会で、「撮影に入る前にキム・ギュテ監督と作業した経験があるディオに、『どんな方なのか』と尋ねてみました」と口を開いた。

そして彼は、「監督の中に怖い方がたくさんいるじゃないですか。みんなに言ってますが、僕は怖いのが嫌いです。でもディオが、本当に大好きな方だと言ったし、多分現場へ行けば楽しくておもしろく撮影できるだろうと言ってくれました」と語った。
またベクヒョンは、「撮影現場に来てみると、スタッフのかたやお兄さんお姉さんがたがとてもリラックスした雰囲気を作ってくださって、僕の演技は未熟ですがあまり目立たないのではないかと敢えて申し上げたいです」と言った。

2016.08.24

blank