防弾少年団、一生忘れることができない初めての旅行の意味

사본 -201608240636774741_57bcc2044aea201

20代に旅去った最初の旅行はどんな意味を持つのか。たぶん防弾少年団のメンバーの言葉のように一生忘れることができない思い出の1ページになるだろう。公演のために世界各地を周る防弾少年団にも、今回の北ヨーロッパ旅行がいっそう特別だった。
防弾少年団は、23日午後10時からポータルサイトNAVERの「V LIVE+(ブイライブプラス)」を通じて「BON VOYAGE EP8. 真夏のクリスマス」を公開した。旅行の最後となるエピソードだった。今までの姿のようにノリのいい「ビーグルドル」の愉快で楽しい時間だった。

今回のプロジェクトを終了しながら防弾少年団が感じた様々な考えも聞いてみることができる時間だった。何よりメンバーは、みなが一緒に発った20代の最初の旅行だという点にその意味の深さを置いた。直接道を訪ねて慣れない場所で一緒にご飯を作って食べながらすごした時間だった。メンバーは口をそろえて「一生忘れることができないでしょう」と心境を伝えた。
防弾少年団にとってこの旅行がいっそう特別だったのは、ステージでの華麗な歌手ではなく平凡な20代に戻って同じ年齢の若者たちが経験することを経験できた時間だったからだ。大学のMTに行くとか、平凡に道でコーヒーを飲んで遊ぶような、そんな思い出を作ることができた。だから、彼らにとってもっと意味のある時間になった。

J-HOPEは、「海外ツアーに通いながら、空港に到着すればファンが応援してくれてすぐホテルに行くという感じでしたが、この旅行をして20代の青年が感じることを感じることができて良かったです。 僕は、学校生活もまともにできませんでした。早い時期から、踊ることに夢中で友達との思い出も不足な方です。それでソウルに来て、宿所で生活する時も本当に面白かったです。その友達と良い機会を得て、ここに来てバックパックで旅行も楽しむことができてそれも良かったです」と今度の旅行の意味を語った。他のメンバーも同じだった。

「大切で重要な人生のひとつの旅行。一生記憶に残る旅行です。僕が感じることを家族や友達にも一緒に感じさせてあげたかったです」と言った。防弾少年団の愉快な旅行、貴重な最初の旅行をファンと一緒に分かち合うことができるということも、また大きな意味があった。ありのままの防弾少年団の姿をファンと共有することができる特別な時間であったことは明らかだった。

2016.08.24

blank