「個別インタビュー」BOYFRIENDヨンミン日本舞台に初挑戦!“織田信長役陣内孝則とのエピソードとは?!”3万人が総立ちした“最狂”の舞台!「Honganji-リターンズ-」絶賛上演中!

ヨンミン画像

2016 年 1 月に初演された舞台「Honganji」。大阪・名古屋・東京 3 都市を廻り、約 3 万人を動員。

連日スタンディングオ ベーションの大盛況の中、幕を下ろした「Hongani」が舞台を明治座に変え、新キャストとともに、さらなる進化を遂げた。

日本の歴史上最強のダークヒーロ―、織田信長。

その信長の前に立ちはだかる仏門のカリスマ・顕如。

金でしか動かない戦国 最強の鉄砲傭兵軍団・雑賀衆とその頭領・雑賀孫一。

戦国の世に蘇り、信長を憑き動かす怨霊・平将門。

4人の登場人物を軸に、最先端の映像技術と壮麗な舞台衣裳、豪華役者陣の熱演による圧倒的な臨場感で繰り広げられ る歴史ファンタジー「Honganji-リターンズ-」が8月21日に開幕。

連日感動の嵐の中、27日の千秋楽を含め、残すところ5公演となったこの日、本作が名実ともに初舞台となる韓国 6 人組ボーイズグループ BOYFRIEND の双子の兄、ヨンミンさんにお話をうかがった。

 

Q.ヨンミンさんはこの作品が初舞台ということですが初舞台をこの作品に決めた一番の理由は何でしょうか?

初演の映像を見て、内容も面白いですし、素敵な役者の方々と一緒にお芝居をしたいと思いました。

 

Q.同作に出演が決まって、弟のクァンミンさんの反応はいかがですか?また他のメンバーからはどんな言葉がかけられましたか?

クァンミンからは、「難しそうだね、でも頑張って!」と応援してもらいました。

ドンヒョンさんは演劇の経験があったので、「舞台で大事なのはリアクション。たくさんの動きを見せないといけない」などのアドバイスをもらいました。

 

Q.ヨンミンさんが演じる「橋本雷」とはどんな人物ですか?

冷静で残酷。若いですが年に合わない冷血さを演じています。

 

Q.「橋本雷」を演じる上で難しい点は?

銃を持つのは初めてだったので、どうすればもっとかっこよく持てるかが難しいところでした。

たくさん悩みました。

 

Q.日本の舞台ということでセリフは日本語、さらに時代劇特有の難しいセリフ回しもあると思いますがヨンミンさんはどんな方法でセリフを覚えていますか?

台本をずっと読み続けて、口から自然に言えるように頑張りました。

 

Q.時代劇ということで、衣装を着けての殺陣やアクションシーンは大変だと思いますがいかがですか?

衣装をとても軽くて動きやすく作ってくださいましたので、楽にうごけます。

 

 

Q.ヨンミンさんはどんな方法でモチベーションをあげていますか?

最初舞台稽古に行って、すごく大変だろうなと思いました。でも稽古を続けていくとだんだん面白くなって、素敵な舞台にしたい、という考えが自分のモチベーションをあげていると思います。

 

 Q.下間仲世役のMYNAMEセヨンさんとは以前から交流があったと伺いましたが、初演の舞台を経験しているセヨンさんから何かアドバイスはありましたか?

殺陣に関して、「足をたくさん広げた方がかっこいいと思うよ」とか、「銃口を少し下げてみたらどう?」等細かいところまで見てくれて、アドバイスしてくれました。

 

Q.陣内孝則さん、諸星和己さんなど、共演者とのエピソードの紹介をお願いします。

舞台稽古中、あまりにも演技に集中し稽古用の銃を壊してしまったのですが、陣内さんがアドリブで「銃は壊すな」とセリフを言ったのが面白かったです。申し訳ございませんでした。(笑)

 

Q.ヨンミンさんの“イチオシ”のシーンと舞台のみどころの紹介をお願いします。

イチオシのシーンは、やはり2幕の最後にあるこの舞台のクライマックスです。

配役一人ひとりに個性が強く、その個性を把握してから舞台を観劇していただきますとすごく面白いと思います。

 

Q.最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

初めての舞台ですが、皆さんに足らないところを見せないようたくさん努力し、頑張りますのでBESTFRIENDの皆さんも大きな愛と声援をお願いします!

 

 

自身が演じる役柄についてや本作のみどころ、さらに主演の陣内孝則とのエピソードも明かしてくれたヨンミン。

真逆といっていい、冷血で残酷な橋本雷を熱演し、新たな魅力を見せてくれたヨンミン。

前作より、パワーアップした「Honganji-リターンズ-」の感動と興奮をぜひ劇場で多くの人に感じてもらいたい!

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

Honganji リターンズ_メインカット

【Story 】

闇の支配者・信長 vs 光の支配者・顕如。 戦国を走り抜けるのは神か仏か悪魔か?
荒廃し続ける乱世に出現した神という名の悪魔・信長。そこに立ちはだかる浄土真宗・顕如と武田信玄や仏将たち。 そして 戦国最強の鉄砲傭兵・雑賀孫一。曼陀羅の如く渦巻く戦国の世に甦る将門の祟り。 怖れるな!その目で歴史を見届けよ! 君なら逃げるか? 立ち向かうか? この物語は445年前、戦国の世に神と呼ばれし悪魔に立ちはだかった仏将(BUDDHIST・SAMURAI)たちの戦いを描い た史実である。
天慶3年、武将・平将門が反乱を起こし、それに怯えた時の朝廷は神仏の力にすがって討伐し、捕え打ち首にした。首と胴体 はバラバラに埋葬されたが、それを恨んだ将門はその後に各地の武将に憑りつき、600年もの長きに渡り、戦国の世を創り出し たとも噂された。その将門の怨念と契りを交わした一人の少年。やがて戦乱の世に天魔(サタン)と畏怖された織田信長へと 成長していった。 天下布武を欲する信長は、キリシタン教を信仰し、仏教を嫌う。そしてその目は、にわかに勢力を拡大しつつある浄土真宗「石 山本願寺」へと向けられた。 信長が狙う石山本願寺の第 11 代門主・顕如。浄土真宗数百万人の門徒を率いる宗門のカリスマである。仏教を根絶やし にしようと目論む天魔・信長から門徒を守るために和睦を受け入れようとするが、顕如の息子・教如の暴走によりその後 10 年 間に及ぶ戦いの火蓋が切って落とされてしまう… カオス(混沌)の戦国を生き抜く鉄砲傭兵集団・紀州の八咫烏(ヤタガラス)「雑賀衆」。金でしか動かぬ傭兵「雑賀衆」 を束ねるリーダー・雑賀孫一。彼の元に信長・顕如双方から加勢要請が…。 八咫烏達が選ぶのは本当に「金」か、「信仰」か、それとも?…。

 

◆ 「Honganji-リターンズ-」オフィシャルサイト http://www.stars-honganji.jp/

公演概要 

【公演名】 舞台「Honganji-リターンズ-」

【原作】 保志忠彦

【脚本】 斎藤栄作

【演出】 ウォーリー木下

【衣裳デザイン】 小篠ゆま

【題字】 紫 舟

【主催・制作】 Honganji 舞台製作委員会

【出演】 陣内孝則 壮一帆 諸星和己
戸井勝海 姜暢雄 まりゑ ウダタカキ 板倉チヒロ 川原一馬 西海健二郎 川口真五 押田瑞穂 松永渚 セヨン(MYNAME) ヨンミン(BOYFRIEND) 岩田笙汰 小島久人 CHACO 原真礼 藤井亜衣 MAEDA 松村武司 吉岡麻由子 コング桑田 木下政治 瀬下尚人 大橋吾郎

【特別出演】  ほか  市川九團次

【公演期間】  8 月 21 日(日)~27 日(土)

【会場】 明治座

【チケット料金】 S 席 10,000 円 / A 席 7,000 円 (全席指定・税込)  ※未就学児童の入場はお断りします。

※車いすをご利用のお客様は、車いすスペース席をご購入ください。(イープラスのみで販売)

 

アフタートークショー&お見送りハイタッチイベント開催決定!

<トーク>   

8/26(金)13:00 陣内孝則/壮一帆/市川九團次/セヨン/ヨンミン/司会:まりゑ

<ハイタッチ> 

8/25(木) 18:30 セヨン/ヨンミン

 

【プレイガイド】   明治座チケットセンター     03-3666-6666(オペレーター対応 10~17 時)

インターネット予約「席とりくん」 http://web.meijiza.com/

イープラス            http://eplus.jp/honganji/(パソコン・携帯共通)

※ファミリーマート店内 Fami ポートで直接購入可能。

チケットぴあ           0570-02-9999(P コード=452-046) http://pia.jp/t/

ローソンチケット         0570-084-003(L コード=31466) http://l-tike.com/(パソコン・携帯共通)

※ローソン・ミニストップ店内 Loppi で直接購入可能。

【お問合せ】 Honganji 舞台製作委員会 03-5772-3220

【公式サイト】 www.stars-honganji.jp

 

 

2016.08.24

blank