G-DRAGON、誕生日を記念して難民のために8180万ウォンを寄付

201608190832779617_57b6467440a84BIGBANGのG-DRAGONが誕生日を迎えて、内戦と暴力で苦しんでいる全世界の難民を助けるために率先した。
毎年、自身の誕生日に特別な寄付を実践して来たG-DRAGONは18日、数年間続いた内戦と暴力で故郷を離れて多くの苦難を経験している全世界の難民の助けになりたいと8180万ウォンを国連の難民機構(UNHCR)の韓国代表部に伝達した。
G-DRAGONは、「最近、世界のあちらこちらで頻発する内戦と暴力のせいで難民問題に対する深刻さを多くのメディアを通じて知り、寄付を決心しました。より多くの難民に対する関心と援助につながってほしいです」と明らかにした。
障害児童や闘病中の子供たちなど、社会的な弱者のための寄付を活発に行い、ファンにも寄付への賛同を勧めてきたG-DRAGONは最近、世界の難民問題が深刻だという韓国内外での報道に接して関心を持ってきた。
そこで、今年の誕生日にはパン・ギムン国連事務総長の助言を通じて全世界の難民保護活動を展開するUN傘下の機構である国連難民機構(UNHCR)への支援が成り立ったという。この基金は、2011年に発生した内戦のために深刻な危機を迎えているシリア難民をはじめとする全世界の難民を助けるために使われる予定だ。
またG-DRAGONは、20日にサンアムワールドカップ競技場でBIGBANGのデビュー10周年記念のコンサート「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10」を通じてファンとの出会いの場を持つ予定だ。

2016.08.19

blank