第22回 日本ジュエリーベストドレッサー賞 特別賞受賞、ウォンビンが登場!

 

2011年1月26日東京・有明のビッグサイト レセプションホールにて「第22回 日本ジュエリー ベスト ドレッサー賞」 表彰式が華やかに開催された。 この賞は最もジュエリーが似合う署名人を表彰するもので、昨年のイ・ビョンホンに続き今年は韓流スターウォンビンが男性部門の特別賞を受賞した。

登壇したウォンビンは 「栄誉あるベストジュエリー賞にご招待頂きましてまことにありがとうございます。 宝石はよい宝石として認められるのは厳しい行程と審査が必要ときいています。これは一生をかけて自分を磨き続けなければならない俳優という職業にも似ていると思います。 光を失わず輝き続ける俳優として皆様とお会いできるようにこれからも努力して行きたいと思います。本日はまことにありがとうございました。」と真摯な姿で受賞の喜びを語った。

ウォンビン ウォンビン

ウォンビン ウオンビン

ウォンビン ジュエリー表彰者

10代 10代

20代 20代

30代 40代

50代 

式が終了し囲み取材 が行われた(ウォンビン、コメント)

Qジュエリーを身に付ける習慣はありますか?

普段は身につけないが映画の中で装飾品として身につけることがあります。

Qこれまで女性にプレゼントしたことはありますか?

今までありません。機会があれば・・・ 近いうちに両親にプレゼントしたいと思います。

Q日本での受賞の感想は?

度々日本に訪問していますがこのように栄誉ある賞を受賞したこととても光栄に思っています。 尊敬できる方々ともお会いできてとても光栄に思っています。

Q日本でK-POPが話題になっていますがどう思いますか?

韓国人としてとても嬉しく思います。 俳優だけでなく歌手の方たちがみなさんの愛を受けることを嬉しく思います。

QKARAについては?

知っていますが会ったことはありませんが日本でとても有名だと聞いています。

Q今後のジュエリーとの付き合い方は?

普段はカジュアルな服装をするので映画の中、映像の中で(ジュエリーと)付き合っていきたいと思います。 (いい作品で出会えればいいですね) ありがとうございます(日本語)

ウォンビン ウオンビン

伊藤英明 ウォンビン

その他、女性部門に10代前田敦子、20代黒木メイサ、30代木村佳乃、40代草刈民代、50代高畑淳子、60代八代亜紀が受賞し、「少しでも宝石の似合うステキな女性になりたいです。」(前田)、「祖母が身につけていたリングをもらったのが最初に手にしたジュエリー。私も子供や孫にジュエリーを受け継いでもらえるようにしたいです。」(黒木)、「少しでも宝石が似合う女性になりたいです。たくさんのジュエリーをいただいて胸も頭もいっぱい!」(木村)「ジュエリーは興味を持ち見に付け始めると本当に輝きを増して綺麗になるので、ますます輝けるようになりたいです。」(草刈)、「今日は、ウォンビンさんにも握手してもらい、伊藤さんの胸板も厚かったし、生きていてよかったです(笑)。」(高畑)、「女性はいくつになっても輝いていないといけないと思います。」(八代)等、受賞の喜びを述べた。

男性部門に受賞した伊藤英明は、「昔は飾らない自分でしたが、僕もジュエリーの似合う男性になりたいです。あまりギラギラしないように、キラキラ輝けるような男になりたいです。」と爽やかに語った。特別賞女性部門は蓮舫が受賞した。(公務のため欠席)

 

2011.01.28

blank