「コラム」第8回 いま読みたい!人気俳優物語 イ・ジュンギ(前編)

A

 

第8回/イ・ジュンギ(前編)

 

イ・ジュンギを語るうえで、絶対に忘れられないコンサートがある。それが開かれたのは、2009年4月18日だった。場所は、ソウルのオリンピック・パーク。イ・ジュンギは3時間もかけて、歌、ダンス、演技など自分が持っているすべてをファンの前に披露した。

 

すべてがファンのために

コンサートには6000人を越える観客が集まったが、半分以上は中国、台湾、日本、タイなどから来たアジアのファンだった。まるで世界的なスーパースターのようなバラエティ豊かな構成と演出は、まさに新しい世代の韓流スターにふさわしかった。

今までに、韓国のどんなスターもこのような規模のファン・コンサートを実施したことがなかった。

通常、韓国で開かれるファン・ミーティングといえば、小さい舞台にファンを集めて、自分が好きな歌を歌ったり、誰もが知っている音楽に合わせて稽古もしていないようなダンスを踊ったり、お笑い芸人の司会でファンの質問に軽く答えたり……それがいつものパターンだった。

しかし、イ・ジュンギのファン・コンサートはそんなイメージを完全に覆した。何カ月も前から計画を立て、プロに歌やダンスの稽古を受け、舞台もプロ・ミュージシャンのコンサート並みのものを用意した。すべてがファンを喜ばせるためだ。

 

自分だけの楽曲を準備

ファン・コンサートを企画した関係者によると、イ・ジュンギはこのイベントのために、1年をかけてありったけの努力を尽くしてきたという。

その関係者はさらにこう言う。

「準備期間にイ・ジュンギが見せたファンへの心遣いは並ではなかった。企画をする過程で彼は何よりもファンを最優先に考えて準備をしたんです。コンサートのすべての段階で彼が参加していたので、それだけファンとイ・ジュンギが直接触れ合えるコンサートになったと思います」

イ・ジュンギはこのときのコンサートにどれだけの心血を注いだのか。

何よりの証拠は、コンサートと同時に公開された初のアルバムだ。舞台装置やイベントは資金さえあればいくらでも飾れるし、その完成度を高めることもできる。しかし、自分だけの音楽を作ってファンに聴いてもらうのは大変だ。プロのミュージシャンでも、1枚のアルバムを作るためには長い時間と多くの努力が必要だが、ましてイ・ジュギは俳優であってミュージシャンではない。

彼の歌唱力はよく知られているが、今回は単純に人の歌を真似して歌うのではなく、自分だけの楽曲を準備したのである。

韓国音楽界の最高級のヒット・プロデュ―サ―、キム・ヒョンソクと手を組んで長い期間準備してきたイ・ジュンギのアルバムには、ダンス、バラード、ロックなどいろいろなジャンルの音楽が含まれていた。

 

作詞にもチャレンジ!

一緒にアルバムを作ったキム・ヒョンソクはイ・ジュンギについて「韓国芸能界の新しいトレンドを作る人間になるだろう」と誉めた。

アルバムにはイ・ジュンギが直接作詞した曲ものせている。『すべてを捧げる木』というこの曲は、イ・ジュンギが、自分の挑戦を応援してくれるファンへの感謝を込めて書いた曲だ。何よりも、キム・ヒョンソクがイ・ジュンギの音楽性を高く評価し、作詞を勧めたという。

音楽に詩をつけるというのは、音楽性と文学性が同時に求められる作業だ。いくらイ・ジュンギが優れた才能の持ち主だとしても、初めての作詞は想像以上に難しかったことだろう。

実際、最初にイ・ジュンギは作詩はできないと拒んだという。そのあたりの事情を彼自身がこう語る。

「最初は怖かったんです。作曲も作詞も難しいことだから、自分にはできないと思いました。しかし、キム・ヒョンソクさんは、僕がいつもファンに文章を書くのを楽しんでいることを知っていて、それをそのまま詩に書けば良いと言ってくれました。それで僕がいつも思っていた言葉を書いて彼に見せたのです。本当に悩みながら書きました。でも、作詩は楽しかったですね。ファンの皆さんにもいい思い出になるだろうと思ったから、辛いとは感じませんでした」

 

情熱と努力の賜物

キム・ヒョンソクは、今回の作業に参加する前まではイ・ジュンギについてあまり知らず、彼をただ映画1本でスターになった運の強い若僧くらいにしか考えていなかった。アルバムをプロデュースするオファーが入ったときも「最近は俳優も歌手も本業だけではなく様々なジャンルをやるのが流行だから、演技しながら軽い気持で歌うのだろう」と思っていたという。そこで、ファンが喜ぶような聴きやすくて軽い感じの曲を何曲か書いてあげたらいいだろうと考えたそうだ。

「マネージャーが置いていったイ・ジュンギのファン・コンサートの資料を見て僕の浅い考えは無惨に壊れました。彼のコンサートの企画資料を見て、すごく慌てたんです。彼はプロで、トレンドを作れる人で、アーティストだったのです。冷や汗をかいたほどです。軽く簡単に済まそうと思った僕の判断は間違いでした」

キム・ヒョンソクはそう語るが、彼はイ・ジュンギと最初に会議をした日に、「なるほど、こうだからイ・ジュンギは成功したのか」と思ったという。ファンのためのコンサートなのに、照明一つにしても細かいアイディアを出すイ・ジュンギを見て、彼についての考えが完全に変わってしまった。

「ごく稀に、ある人は自分の才能の限界にたえず挑戦してそれを克服します。アルバム・プロデューサーとしてこのような人に出会うのは、宝くじに当たるのと同じです。一緒にする作業自体が幸運です。そんな人はこちらが一つを求めると十を作ってくれます。それがイ・ジュンギでした。レコーディングのときも納得するまでは夜中の3時になってもやめませんし、プロモーション・ビデオの撮影のときも2日間一睡もしないまま徹夜で踊るシーンを撮っても決して笑顔を忘れないんです」

キム・ヒョンソクはイ・ジュンギの情熱と努力に惚れこみ、これを機会に歌手としてデビューすることを勧めた。しかし、イ・ジュンギはこう答えた。

「俳優としての人気だけを頼りに歌手になると、何年も汗を流してやっと舞台に立った歌手の皆さんに申し訳ないです。今はただ、私を愛してくださるファンの方のために準備する気持で一生懸命やりたいだけですよ」

この言葉からも、イ・ジュンギの真剣さと謙虚さが同時にうかがえる。

 

(次回に続く)

文=朴敏祐(パク・ミヌ)+「ロコレ」編集部

コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

2016.08.15

blank