ジャズ歌手ウーター・ヘメル、グループ「KNK」に感謝のメッセージ

ジャズ歌手ウーター・ヘメル、グループ「KNK」に感謝のメッセージ

有名ジャズ歌手ウーター・ヘメル(39)が、韓国グループ「KNK(クナクン)」に感謝のメッセージを送り、話題を呼んでいる。

「KNK」のメンバー、パク・スンジュンは先ごろ、公式Twitterを通してウーター・ヘメルの代表曲「Breezy」を推薦した。これを見たウーター・ヘメル本人は「KNK」公式Twitterのツイートをリツイート(共有)し、「韓国ファンの皆さん、これを見てください。僕のハングルの実力が、まだまだ足りないです」とし、”助け”を求めた。

ある韓国人ファンが、「KNK」メンバーがウーター・ヘメルの曲を推薦する文章であることを翻訳して説明すると、ウーター・ヘメルは「本当にうれしい!KNKありがとう」と感謝を伝えた。

ウーター・ヘメルはオランダ出身のジャズアーティンスト。パク・スンジュンが文章を掲載して以降、彼は「KNK」の公式Twitterはもちろん、パク・スンジュンの個人Twitterもフォローして注目を集めている。

一方、「KNK」の所属事務所YNBエンターテインメント側は「日頃からウーター・ヘメルのファンだったパク・スンジュンが、ウーター・ヘメル本人からのツイートに感動していた」と状況を伝えた。

WOW!korea提供

2016.08.12

blank